プロスペリティ・ロジスティックスを紹介する前に

今回ご紹介する企業は、横浜・関内に本社オフィスを構える貿易フォワーダー「プロスペリティ・ロジスティックス」です。
貿易フォワーダー??なにそれ美味しいの?と、いう方が多いことと思います。

耳慣れない言葉ですが、輸送業界では一般的。
船舶や貨物用航空機、鉄道やトラックまで、あらゆる輸送手段のスペースを借り受けて、貨物を運搬する事業者です。

副業がブームになっている昨今、輸出入ビジネスに携わっている方もご存じの方は多いかもしれません。
今回はこの「貿易フォワーダーってなんだろう」、「プロスペリティ・ロジスティックスは自動車専門NVOCC」、「プロスペリティ・ロジスティックスなら一貫輸送が可能」、「NVOCCのメリットはスムーズな手配」にフォーカスします。

貿易フォワーダーってなんだろう?

貿易フォワーダーは、さまざまな運送手段で貨物を届ける役目を引き受ける物流業者のひとつ。主な業務は、船会社や航空会社、鉄道会社などから、空きスペースを確保します。そのスペースを、輸送したい人に割り当てることです。

たとえば旅行代理店のHISも、飛行機やホテルに対して、空きを埋めるという契約の元に低価格で運営元から席や部屋を確保していますよね。貿易フォワーダーは、いわゆる輸送版のHISだと考えるとわかりやすいと思います。船会社や航空会社もスペースに空きが出ると、その分利益率が低下してしまいますよね。そのため、フォワーダーとの関係を大切にしています。

プロスペリティ・ロジスティックスは自動車専門NVOCC

自動車輸送

プロスペリティ・ロジスティックスは、自動車輸送専門の貿易フォワーダー。本社オフィスは横浜市役所の近くですが、自動車輸出は川崎港の荷さばき地である川崎東扇島ヤードがメイン。そのほか愛知県の名古屋港の名古屋ヤードでも自動車輸送を行なっています。

自動車の輸送方法は海上輸送が一般的。その中でも、完成品自動車は下記の種類によって、船舶の種類が使い分けられています。

  • 新車の場合:自動車運搬船と呼ばれる専用船
  • 中古車の場合:専用船のほかコンテナに積載してのコンテナ船輸送も可能

プロスペリティ・ロジスティックスの場合、どちらの輸送も依頼できます。その中でもプロスペリティ・ロジスティックスが得意としている案件が、コンテナ船による中古車の輸出業務。

受注が多い理由は、依頼から海外現地配送までをプロスペリティ・ロジスティックス1社で手配してくれるからです。

プロスペリティ・ロジスティックスなら一貫輸送が可能

船

輸出入の場合、各業務セクションの専門業者に依頼する場合と一貫手配をしてくれる業者に依頼する場合があります。プロスペリティ・ロジスティックスは、貨物の一貫輸送を行なっています。

こうした業者を、輸送手段を持たずにトラックや船、あるいは航空機などを組み合わせて最後まで貨物を届けるので、Non-Vessel Operating Common Carrier=船を持たない国際複合輸送人、「NVOCC」と呼びます。

NVOCCのメリットはスムーズな手配

プロスペリティ・ロジスティックスのようなNVOCCの利用メリットをお話する前に、コンテナ船による中古自動車の輸出の大まかな流れをご説明します。簡単に説明すると、下記の通りです。

  1. 船腹の予約(ブッキング)
  2. 貨物である自動車をコンテナヤード(荷さばき地)まで輸送
  3. 自動車をコンテナに積載(バンニング)
  4. 輸出通関
  5. 海上輸送
  6. 仕向地にて輸入通関
  7. 輸入通関後、納品場所まで輸送

この流れの中に各セクションの専門業者がいます。船腹ブッキングだけを請け負うフォワーダーや、ヤードまで自動車を輸送するトラック業者、通関業だけを請け負う通関業者などです。

もし、あなたが中古車輸出ビジネスをはじめようと考えた場合、さまざまな業者と連絡を取り合って貨物搬入の締切日を確認して、次のセクションに伝える…といったことをするのは面倒に感じませんか?

一貫輸送のメリットは、こうしたことを各セクションの調整をスムーズにできることに尽きます。また、トラブルの際の手配変更もスムーズにできます。たとえば、海上輸送であれば、天候悪化による入出港延期や、港湾業者によるストライキ、船舶エンジントラブルなど、予定より船の到着が遅延してしまうケースがほとんどです。

こうした場合、NVOCCなら、船舶到着後の貨物配送のために予約していたトラック輸送を延期させる手配をスムーズに変更できます。手配変更にはキャンセル料の発生が懸念されるので、統制のとれた司令系統による連絡が不可欠です。トラブル時における無用なコストリスクの回避に役立てることができるといえるでしょう。

プロスペリティ・ロジスティックスは、シンガポール本社のほか、6つの海外拠点を所有。この海外拠点や提携する代理店で、貨物の現地到着後の輸送手配をしてくれるます。この体制があるからこそ、輸出する方も輸入する方も状況把握や連携が取りやすく、比較的安心して輸出入ができるといえます。

プロスペリティ・ロジスティックスの完璧なコンテナバンニング

コンテナに貨物を詰めるバンニング。このバンニングの手法にミスがあると、海上輸送の途中で、コンテナの中で荷崩れを起こしたり、それに伴う商材やコンテナの破損したり、事故につながりかねません。プロスペリティ・ロジスティックスでは、ヤードでこのコンテナバンニングを社員が行なっています。

よく使用されるコンテナには、20フィートコンテナ、40フィートコンテナ、40ハイキューブコンテナがあります。20フィートコンテナは、自動車を1台しか積めませんが、40ハイキューブコンテナなら、自動車を積み重ねて2台積み込むことができます。

大抵の場合は、40ハイキューブコンテナを使用するほうがコストメリットが出やすいので、自動車2台以上の輸送案件の場合は、40ハイキューブが使用されることがほとんど。しかし、積み重ねて固定する場合、商品を傷つけてはいけないので、コンテナに詰める際には細心の注意が必要。

こうした時に、プロスペリティ・ロジスティックスの熟練した社員が活躍。経験から導き出したポイントに注意を払いながら、次々と自動車をコンテナに積載。上に積まれる自動車もきっちり固定させて、コンテナをシーリング。バンニング完了となります。

海外でも人気が高い日本の自動車。走行距離が高くて日本では買い手のつかない中古自動車であっても、新興国ではまだまだ現役で需要があります。その普及の一部は、プロスペリティ・ロジスティックスの手を介して広がりをみせているのでした。

会社概要

商号
株式会社プロスペリティ・ロジスティックス(公式サイトへ)
代表
宮内 芳之
住所
横浜市中区真砂町4-43 木下商事ビル5F