はじめに

「理想のプロポーションをキープしたい」と、一度は思ったことがあるでしょう。しかし、食事制限や運動をしてプロポーションをキープすることは、決して簡単ではありません。

今回紹介する株式会社シャンデールは、補整下着を提供しているメーカーです。補整下着を着用することで、メリハリのある引き締まった状態を作り出すことができます。

ここから、株式会社シャンデールの会社概要や商品について、調査した内容をまとめていきます。

シャンデールとは

シャンデールは、1982年創業の補整下着メーカーです。1980年に創業された川村商事が前身であり、当時は下着販売を手掛けていました。しかし、体型補整下着の製造・販売の一貫体制を構築するために、株式会社シャンデールを設立しました。

シャンデールの補整下着は、女性の理想のプロポーションを手に入れるために、機能性だけでなくデザインにもこだわっています。また、品質を重視しMade in Japanの商品を提供しているのもシャンデールの特色の1つです。

製造については、鹿児島と島根に工場があり、自社製造を続けています。

シャンデールの商品に対するこだわり

シャンデールでは、いつまでも美しいフォルムを保つことができるファンデーション(補整下着)を製造・販売しています。それでは、シャンデール製品の3つのこだわりを詳しく見ていきましょう。

ライクラを使用

シャンデールが製造するファンデーションの素材の1つに、ライクラが使われています。ライクラとは、米国のデュポン社が開発した特殊な糸です。ライクラは一般的な糸とは異なり、しなやかさが特性です。伸縮性に優れているので、どのような体系の方でもしっかりとフィットします。シャンデールでは、最も体型補整の伸縮性に優れた280デニール(310デシテックス)の糸を使っています。

パワーネット編組織を採用

シャンデールのファンデーションは、ライクラ糸とナイロン糸をパワーネットと呼ばれる生地にして採用しています。パワーネットとは網目状のことで、縦・横・斜めすべての方向に力を分散させることができます。一方で、背面には生地をバイヤス使い(生地を斜めに裁断)しています。背面は大きな動きを伴うことが多いため、体への負担を低減させています。快適な着心地で、長時間着用してもストレスゼロのファンデーションに仕上げています。

優れた通気性

パワーネットの生地は耐久性だけではなく、通気性に優れているところも魅力です。人間は活動していると、汗のほかにも肌から水蒸気を放出しています。長時間下着を着用して蒸れるのは、この汗と水蒸気が影響しています。シャンデールのファンデーションは、水蒸気をしっかり逃してくれるので汗をかいても不快に感じることはありません。重ね着をしたとしても、蒸れるような心配もありません。

立体フォルムへのこだわり

シャンデールのファンデーションは、立体へのこだわりも見られます。まず、体に優しくフィットする素材を使っているため、長時間着用してもストレスを感じることがありません。くわえて、立体縫製と呼ばれる技術を採用しているのもこだわりです。

ファンデーションのフォルムを見てみると、カーブを多く取り入れていることが分かります。また、箇所によって生地の厚みや伸びなどを微妙に調整しています。こうすることで、立体的な縫製が可能となります。

Made in Japan

シャンデールは、品質にも強い思いを持っています。細部にわたるところまで、Made in Japanにこだわり、製品を作り続けています。表に見える部分の素材はもちろんのこと、普段目に触れることがない部分も国産を取り入れています。
また、縫製についても国内工場でのみ取り扱っており、高度な技術が必要となる立体縫製は高いスキルを持った直営工場のスタッフが製造することで実現しています。

まとめ

これまで補整下着に興味があっても、体の締め付けで長時間装着するのは辛そうというイメージを持っていた方はいらっしゃいませんか。

シャンデールのファンデーションは、ただボディラインを補整するだけではなく、着心地の良さにこだわっているのが特徴です。通気性や伸縮性を確保することで、窮屈な思いをすることもなく、長時間着用していても蒸れる心配がありません。

さらに、Made in Japanにこだわっているところおすすめの理由です。自社工場で製造しているため、品質を落とすことなく、世の女性に理想のプロポーション維持を提供できるわけです。

株式会社シャンデール 会社概要

社名:株式会社シャンデール
代表:川村 泰久(取締役会長)
所在地:奈良県奈良市法蓮町442-3
資本金:5,000万円
公式サイト:https://www.chandeal.co.jp/