はじめに

都市綜研インベストファンド株式会社は、「不動産をもっと安心で簡単に」活用してもらうことを目的に、柳瀬公孝氏が1999 年に設立しました。

企業ビジョンとして「経済市況に流されづらい資産運用サービスの提供」を掲げています。
これまでの不動産証券化事業の実績を活かしながら、2010年3月に不動産特定共同事業法の許可も取得し、「みんなで大家さんシリーズ」の専門会社として始まりました。
柳瀬公孝氏が代表を務める都市綜研インベストファンド株式会社では、みんなで大家さんシリーズの管理・運営、そして長期的かつ安定した資産運用の提供を行っています。

今回は、都市綜研インベスト株式会社に直接インタビューしてきました。

都市綜研インベストファンド株式会社のインタビューはこちら!

都市綜研インベストファンド株式会社様の事業概要をお聞かせください

都市綜研インベストファンド株式会社は1999年、不動産を活用した経済市況に左右されにくい資産運用サービスの提供をビジョンに掲げて、設立いたしました。

「不動産投資を、もっと安心・簡単に」をモットーに掲げ、事業展開をしております。今日まで、都市綜研インベストファンドは不動産証券化事業を行い、ノウハウを蓄積し、実績をあげております。2010年3月に、都市綜研インベストファンドは大阪府知事から不動産特定共同事業法の許可を受け、不動産投資ファンド商品「みんなで大家さん」シリーズの組成・管理・運営などを行う専門会社となりました。

この「みんなで大家さん」シリーズを専門に取り扱う会社となったことにより、優良な不動産を保有して賃料収入を受け取る、というシンプルな事業に特化し、安定した事業展開を行うことが可能となっています。

都市綜研インベストファンドは「簡単で、安心できる資産運用商品の提案」「大都市・地方都市を問わず、最も有効な不動産活用の提案」「物件の管理・運営や流通を円滑に行えるよう資産価値の維持・向上への取り組み」「常にお客さまの目線に立ち、満足いただける新しいライフスタイルの提案」を行なっています。

都市綜研インベストファンド株式会社様の「みんなで大家さん」はどういった商品なのでしょうか?

都市綜研インベストファンドが専門的に扱っている「みんなで大家さん」という不動産投資ファンドは優良な不動産をみんなで保有し、その賃料収入を享受し続ける事で「共に豊かになっていただく」という考え方の事業です。米国のサブプライムローン破綻の波及による問題、リーマンショックが起きた直後、不動産の取引価格は暴落いたしました。

しかし、優良な不動産物件の賃料はさほど大きな影響は受けませんでした。そういったことからもわかるように優良な不動産の賃料は経済市況に左右されにくい収入の一つとなっております。
都市綜研インベストファンドはその賃料をベースとして考え、ファンドに組み入れました。そうして提供させていただいている商品が「みんなで大家さん」です。

「みんなで大家さんシリーズ」に投資いただくみなさまの財産・生活をサポートする立場として、弊社は「安定した利回り供給と安定した事業展開」が一番大切であると考え、このファンドを組成・運営・管理しております。都市綜研インベストファンドは、「みんなで大家さん」という不動産投資ファンド商品を提供させていただくことが、みなさまの不安が少ない豊かな生活に貢献できると考えており、弊社の喜びとなっております。

都市綜研インベストファンド株式会社様の「みんなで大家さん」の特徴を教えてください

都市綜研インベストファンドは共生バンクグループの企業です。
共生バンクグループでは不動産開発と不動産ファンド事業のみならず、手掛けている事業のすべてが連携しており、その結果、シナジー効果が高められています。

弊社の不動産投資ファンド「みんなで大家さん」シリーズには「少額資金でも大型の商業施設やオフィスビル等の不動産に投資が可能」「管理・運営は都市綜研インベストファンドが行うため、出資者の皆様は手間が不要」「市場の変化を受けにくい、賃貸収益による元本評価」「流動性(換金性)を高めた、商品設計」という特徴があります。

現在、運用している不動産投資ファンド「みんなで大家さん」シリーズには成田国際空港周辺、空港へは車で3分という場所に、
12万坪の緑豊かな土地を確保し、日本が世界に誇る商品・サービス・ビジネスが集う「本物志向の街」を作っている開発プロジェクトを組み入れた「シリーズ成田」、三重県伊勢市にある人気のテーマパーク「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」を組み入れた「シリーズ伊勢」のほか、バイオテクノロジー研究施設や農業関連施設、地方都市の商業ビルなどを組み入れたものなどがございます。

都市綜研インベストファンド株式会社様で実際に働いている社員の声として、会社の魅力、仕事の魅力を教えてください

都市綜研インベストファンドが組成・運営・管理しているファンド「みんなで大家さん」が組み入れている不動産開発プロジェクトは、いずれも国家を強靭化するための事業や社会福祉・社会貢献に利用されているものです。一例をあげさせていただきますと、農業、バイオテクノロジー研究開発関連は食料問題の解決策を目指して取り組んでいる事業です。

また高齢者居住施設や福祉施設の運営は暮らしやすい社会づくりのために取り組んでいる事業です。
こういった事業に都市綜研インベストファンドはファンドというビジネスで関わっております。

都市綜研インベストファンドの社員は全員が国づくりに貢献する業務に就いている、社会貢献に通じる業務に就いている、と感じております。
都市綜研インベストファンドの社員は全員が日々、自分たちの携わっている業務に対してやりがいや生きがいなどを感じています。
そういった点が、都市綜研インベストファンドという会社、そして弊社の事業、業務の魅力ではないかと思っております。

都市綜研インベストファンド株式会社様の今後の事業方針をお聞かせください

都市綜研インベストファンドは不動産特定共同事業法に基づく資産運用サービス、不動産投資ファンド商品の「みんなで大家さん」を、投資家のみなさま方に提供させていただいております。

わが国は雇用情勢が良いとは言えなくなってきており、所得格差も開いてきているという状態にあります。加えて、年金の受給不安もあります。そうした中、銀行金利は超・低金利時代にあり、将来の生活資金を用意するという目的からだけではなく、現在の生活資金を補填し、豊かで安定した生活を送るための資産運用サービスが求められています。

その資産運用をサポートさせていただくのが、都市綜研インベストファンドの展開している「みんなで大家さん」という商品でございます。
「成田」「伊勢」「ファーム」など、弊社の不動産投資ファンド「みんなで大家さん」シリーズで資産を運用していただく投資家のみなさま方に、安定した利益分配を行っていきたいと考えております。

また、都市綜研インベストファンドは「不動産の活用を通じた地域社会の発展」にも取り組んでおります。
「みんなで大家さん」の不動産投資ファンドを通じて、今後もより一層、その実現に貢献していきたいと考えております。

まとめ

以上が、都市綜研インベストファンド株式会社についてのインタビューでした!

現在の日本は、銀行にお金を預けていても超低金利の為お金が増えることもなく、老後の年金がないともいわれています。また、所得格差も開いている状態にあります。老後の生活資金、豊かで安定した生活を送るための資産運用サービスを都市綜研インベストファンド株式会社は、「みんなで大家さん」という商品で展開しています。
不動産投資を通して、さらなる活躍に期待です!

都市綜研インベストファンド株式会社 会社概要

会社名
都市綜研インベストファンド株式会社

本社在地
〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-1-5ザイマックス梅田新道ビル12階

公式サイト
https://www.invest-fund.co.jp/

資本金
29億2330万9139円

代表者
柳瀬公孝