はじめに

ESR株式会社をご存知でしょうか?
ESRは、物流不動産の会社です。中国・日本・韓国で350 万㎡以上の物流施設を開発・所有・運営しています。
そんなESRの代表を務めるのはスチュアート・ギブソンさん。
今回は、スチュアート・ギブソンさんに直接インタビューを行い、ESRの事業内容やお客様の満足度を上げるために取り組んでいることについて調査してきました!

スチュアート・ギブソンさんへのインタビュー

貴社の事業内容について教えてください。

ESRはアジア太平洋地域に特化した戦略で挑戦を続ける物流不動産会社です。香港にグループ本社を置き、日本・中国・韓国・シンガポール・インド・オーストラリアを拠点に、そのネットワークを活かし、お客様には先進的な物流施設・ソリューションの提供を通じビジネスをサポートし、投資家の皆様には物流不動産セクターへのダイナミックな投資機会を提供いたします。

2006年にレッドウッド・グループとしてその歩みを始め、2016年にESR役員と米国プライベートエクイティ投資会社のウォーバーグ・ピンカスによりESRは創設。2016年10月に日本法人レッドウッド・グループ・ジャパン株式会社は現・ESR株式会社に社名変更。2019年11月1日に香港証券取引所に上場いたしました。
その他、APG(オランダ公務員年金基金ABPの運用会社)、SK ホールディングス(韓国)、JD.com(中国)、CPP Investments(カナダ年金制度投資委員会)、OMERS(カナダの年金基金)、PGGM(オランダ年金基金PFZWの運用会社)、Ping An(中国平安保険グループ)等、世界でも有数の投資家に出資頂いています。

私たちは[HUMAN-CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)]を基本理念に、弊社施設で働く方にとって安全で快適な物流施設の創出に力を入れています。特に魅力的な職場を創り、子育て世代を支援することがテナント企業様の労働力確保の一助になると考え、延床10万㎡以上の施設内には託児所(BARNKLÜBBバーンクラブ)を設置し、働く方が快適に過ごして頂けるよう洗練された温かみのあるデザインのラウンジ(KLÜBB Lounge クラブラウンジ)、軽食や飲み物を取りそろえたショップ(KLÜBB Shop クラブショップ)などの施設・サービスを提供しています。
日本では三大都市圏(首都圏・関西圏・中京圏)を中心に物流施設を開発しており、2020年6月竣工のアジア最大の延床面積を誇る「ESR尼崎ディストリビューションセンター」を含めこれまでに22の物流施設を竣工させ、現在7プロジェクトを開発中。※1
グループ全体の運用資産残高(AUM)は約265億米ドル、延床面積は約1,870万㎡。日本のAUMは約8400億円(80億米ドル)、延床面積は約340万㎡。※2
これからもアジア太平洋地域の21世紀の新しい経済と物流の未来のために、環境と働く人に配慮した独自の先進的物流施設とソリューションの創出に全力で取り組んでまいります。

※1:2020年10月末時点 ※2:2020年6月末時点

貴社の強みについて教えてください。

日本法人・ESR株式会社は分析調査から土地取得、物流施設の企画開発、リーシング、施設運営、アセットマネジメント、プロパティマネジメントまで一貫した総合力とESRグループのネットワークを最大限活かした事業展開を行っております。
また、[HUMAN-CENTRIC DESIGN]を基本理念に、働く方を中心に考えた施設づくりは定評をいただいております。
環境と働く方に配慮した先進的物流施設・ソリューションを通じ、お客様のビジネスをサポートし、投資家の皆様にはこの成長著しいアジア地域の最もダイナミックな不動産セクターへの投資機会を提供します。

貴社がお客様満足度を上げるために、常に心がけていることについて教えてください。

現状に満足せずに、もっと良い物流施設・サービスをご提供できるよう社員一丸となって取り組んでいます。弊社施設で働く方がよりハッピーに過ごせる施設を提供できれば、テナント企業もハッピー、結果ESRもハッピーと考えています。

これまで一番印象的だった出来事について教えてください。

弊社の物流施設「ESR市川ディストリビューションセンター」内の託児所「BARNKLÜBB(バーンクラブ)市川」がESRとして最初に稼働した託児所なのですが 、そこで実際にお子様たちが伸び伸び楽しそうに過ごしている姿を見るとき、また親御様から感謝のお言葉をいただいた際に、社員や周りの反対を押し切ってやって良かったと思えました。また、2019年11月1日に香港証券取引所に上場した日も、これまでの感謝の思いと皆様のご期待に沿えるようもっと頑張らないと!と身が引き締まった出来事です。

貴社のサービスを利用したお客様からの口コミを教えてください。

・他社にない物流施設のイメージが変わるラウンジなどアメニティ施設のデザイン性の高さ
・ワーカーへ配慮した物流施設
・戦略的立地にあり、汎用性の高い仕様になっており、入居により物流効率化・ビジネス拡大につながっている

というような評価をいただいていております。

おわりに

以上が、スチュアート・ギブソンさんへの突撃インタビューでした。
現状に満足せずにより良いサービス提供へ取り組むという姿勢は印象的でした。お客様がハッピーになれば結果的にみんながハッピーになるという考え方はとても素敵ですよね。
「誰かの幸せが自分の幸せに繋がる」。そういった幸せの伝播というものを大切にしたいな、と改めて感じることができました。

スチュアート・ギブソンさん、お忙しい中ありがとうございました!

会社概要

会社名
ESR株式会社

所在地
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4丁目1-17 神谷町プライムプレイスレジデンス 3階

コーポレートサイト
https://www.esr.com/jp/index.php

事業内容
物流不動産