はじめに

老後の不安などから、不動産投資でコツコツと資産を増やせないものだろうかと考える方も多いと思います。

不動産投資といえば、お金に余裕のある4,50代が始めるものというイメージがありますが、近年では2,30代で始める方も増えています。AZ-ONE(エージーワン)の不動産投資は少額から始められるものもあり、長いスパンで資産形成ができます。

不動産投資のローン完済までの期間はだいたい30~35年で、20代でローンを組めば定年退職までには、完済できる可能性もあるため非常に夢がありますね。
完済後は、家賃収入を自由に使うこともでき、余裕を持った老後資金の準備をすることができます。

そこで今回は、マンション・アパート販売事業、不動産コンサルティングをメイン事業とする、不動産投資のプロ「AZ-ONE(エージーワン)」について調査してきました。
不動産投資の魅力や、会社について詳しく紹介していきますので、参考になれば幸いです。

AZ-ONE株式会社のインタビューはこちら!

AZ-ONE(エージーワン)とは

AZ-ONE(エージーワン)は、2009年に設立されました。不動産投資をワンストップで行うサービスを展開している東京池袋の会社です。

AZ-ONE(エージーワン)の所属しているAZESTグループでは、土地の開発や建物、建設、販売、賃貸管理、建物管理、入退室の際の修繕など、不動産運用に関わる業務をワンストップでカバーしています。

オーナーにとって、面倒な作業を全て任せることができるのはとても魅力ではないでしょうか。資産運用をグループ全体でバックアップしており、独自の営業力と、危機管理体制でオーナーの資産運用・形成のサポートを行っています。

AZ-ONE(エージーワン)は不動産運用を「今はまだ興味がない」と考えている方に「聞き入れて良かった!」と言ってもらえることにやりがい・幸せを感じています。電話やセミナーにて多くの方に不動産運用の魅力を伝えていますが、日々を生きるのに精一杯で将来のことを考える余裕がないという方も多いそうです。

家計を少し見直すことで、将来残る預金額が何千万も変化するものです。AZ-ONE(エージーワン)からの声掛けはひとつの「きっかけ」に過ぎませんが、「きっかけ」によりお客さんの大切な未来を豊かにしたいという想いのもと、日々の業務に努めています。

AZ-ONE(エージーワン)の企業理念

AZ-ONE(エージーワン)は「私たちは人と人との縁を大切にし、ビジネスを通して、互いに成長する。」を企業理念に掲げています。

また、企業価値の向上として、継続的な利益成長を図り経営資源の最適活用や効率経営を追求していきます。企業倫理や規律、コンプライアンスを遵守することで、起こり得るリスクを想定し適正な経営管理を行います。また、会社に誇りを持てる人材を育成することがAZ-ONE(エージーワン)の企業文化となり、高いコーポレートブランドの創生と、企業価値を向上させるものであると考えています。

AZ-ONE(エージーワン)の資産運用

「下町戦略~住みたい街より住みやすい街~」によって開発されたAZESTシリーズは、オーナーに長期的で安定した資産運用を提供することを第一に考えています。AZ-ONE(エージーワン)では、オーナーの安定した収入、税金対策はもちろんのこと、万が一への備えなどを提案することで、将来設計をサポートしていきます。

<資産運用において考えられる6つのメリット>

1.長期的な収入と収益性の高さによる「安定収入」

2.老後生活の備えになる「年金対策」

3.万が一の保障になる「生命保険手段」

4.所得税対や住民税の軽減として「節税効果」

5.課税公課額の低減に「相続税対策」

6.不動産価値の上昇による「インフレ対策」

AZ-ONE(エージーワン)の強み

<立地と入居率>

若いサラリーマンや学生にとって、手取りに対する家賃は4分の1程度と言われています。現在は、住みたい街よりも住める街を選ぶ方が増えています。首都圏の平均の通勤時間からも利便性・住環境・家賃相場のバランスが住まいを決めるポイントとして挙げられています。

マンションの建設立地を郊外でも都心へのアクセス利便性を重視することこそが、安定した高い入居率をキープすることに繋がります。これによりAZ-ONE(エージーワン)では都心より高い利回りを提供することを可能としました。

<35年サブリース>

空室リスクこそがオーナーにとって最も大きな不安要素です。AZ-ONE(エージーワン)の所属するAZESTグループでは、35年一括借り上げのシステムを用意しています。オーナー業務の煩わしさから解放し、空室リスクの不安解消にも繋げます。35年もの間、家賃を保証できるのは家賃査定における調査力と分析力に自信があるためです。

<設備・仕様>

AZ-ONE(エージーワン)の所属するAZESTグループには、自社ブランド「AZESTシリーズ」があり、差別化を図るために立地だけでなく設備や仕様にもこだわっています。例えば、エレベーター内監視モニターや、複層ガラス、ノンタッチキーシステム、ハイブリッド壁紙のFBクロスなどです。

まとめ

老後のことを考えて不安に思う方も多いでしょう。しかし、正しい知識と少しの工夫で不安から解放されることもあるのです。
不動産投資を自分とは関係ないと諦めることなく「自分のために」一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

AZ-ONE株式会社 会社概要

会社名
AZ-ONE株式会社

本社工場所在地
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル

公式サイト
https://az-one.biz/