はじめに

住宅業界では、住まう人の多様化が進んでいるため、それに対応した戦略が必要とされています。
従来のように「夫婦と子供からなる世帯に新築住宅を供給する」という定型パターンの戦略では、現在のニーズに対応できず販売に苦戦することになってしまうでしょう。

単身世帯が増える中、他人同士が1棟の家を分け合って住むシェアハウスや別世帯の家族がゆるくつながって生活をするコレクティブハウスなど、これまでにないニーズが生まれています。

これからの住宅業界では、単にハード面である箱(住居)を提供するだけでなく、ソフト面ともいえる「住まい方」を提供していく必要性があります。

また、住宅を老後の住まいとして「終の棲家」とするなら、安心安全が保障された長期優良住宅であることは必須となります。

アイホームとは?

業種別企業まとめ
温暖な気候から「日本のひなた宮崎県」というキャッチフレーズを持つ宮崎で家づくりをしているアイホームは、どのような会社なのでしょうか。

様々な面で効率が重視される現代では、暮らしから夢やゆとりが奪われてしまいがちです。

そんな中、同社では、これからの提案として「我が家こそ何処よりも寛げて何処よりも快適な住まいであるべき」との願いから、「我が家リゾート」「アンチエイジングハウス」をモデルハウスで具体的に提案しています。

単に住宅を提供するのではなく、「我が家リゾート」という「住まい方」までを提供しているのがアイホームなのですね。
提案温暖な気候の宮崎だからこそ、「我が家リゾート」というキャッチコピーは夢をふくらませてくれると言えます。

また、全館空調マッハシステムによって室内の空気は常に循環し、身体に害のある物質をフィルターで除去することで、住む人の健康に貢献する「アンチエイジングハウス」もひとつの「住まい方」の提案といえます。

さらに、物造りの原点を大切にしているアイホームでは、国が定めた安心の物差しである「住宅設計性能評価」と「住宅性能建設評価」をセットで確実に行ってゆくことを原則としています。

実は、家造りの性能を科学的、客観的に評価する物差しが国によって示されたにもかかわらず、未だに80%近くの建物がこれを行っていないのだそうです。
さらに、「住宅設計性能建設評価」という設計性能評価通り造られたかどうかを第3者機関がチェック評価する安心安全のシステムは90%を越えて不採用となっています。

本来なら100%になるべき安心安全のための評価です。国が定めた基準に満たない建物の多さには驚きますね。

今回は「人を元気にする家づくり」をコンセプトに掲げている株式会社アイホーム様にお話しを伺いました。

アイホームの「フルオーダーの家づくり」について

「フルオーダーの家づくり」について、アイホーム様が心がけている事を教えてください。

「フルオーダーの家づくり」は、自由設計ですから、ご家族の思いのたけをじっくり伺ってから、具体的なご提案をしていきます。

お客様は一生に一度の家づくりの為、強い気持ちでいらっしゃいますが、生まれて初めての経験という方がほとんどで、分からないことや不安も多いはず。弊社の営業スタッフは真っ先にその不安を無くし、家づくりを心から楽しめる態勢に整えています。

一級建築士は15名、ご納得の設計提案をさせて頂きます。また、弊社がお客様に喜んでいただいているのがインテリアコーディネーターの存在。ご家族の夢を正確に受け取り、プロのアドバイスを織り交ぜながら家のイメージをまとめていきます。打ち合わせの席には必ず同席いたしますので安心してご相談いただけます。

建築する際の手順について教えてください。

家づくりの流れは下記の手順で行います。

1.土地の提案、敷地、環境調査
土地探しからお手伝いいたします。すでに建設地をお持ちの方は敷地の大きさや形状、建築基準法、隣家との関係、光と風の取り入れ方など、家づくりを進めていくための大事な要素を徹底的に調べます。

2.ヒアリング
営業スタッフや担当設計士も一緒に、マイホームの夢や要望についてお客様と語り合います。現在のお住まいに対する不安や新しい住まい方、将来こうなりたいといったお話まで。皆で夢を共有したいと思います。

3.プランニング
ゆっくり時間をかけてヒアリングをした内容を基にプロとしての隠し味を入れて、平面図・立体図・外観パースをご提案いたします。お客様がとても楽しみにしておられる瞬間。私たちも少しドキドキです。

4.資金計画、お見積書のご提案
最も不安な要素「家づくりは全てでいくらかかるのだろう?」を解決します。建物の価格だけでなく、設備費なども含めた家づくりのトータル費用をご提案。尚、車と同じく、燃費性能が悪いと、冷暖房費に大きな差が生まれます。加えてメンテナンス費用のかかる素材の使用は後日もの入りです。このような検討の上で、資金計画がスムーズに進むと、安心して楽しい家づくりができますね。納得いただければご契約となります。

5.詳細打合せ
担当コーディネーターが内部部材や色、キッチンなどの設備類、コンセントやスイッチ、照明器具やカーテンといった細部まで打合せをいたします。カタログ類で閲覧するのではなく、出来る限りサンプル類を用意して、触っていただいたり、香りを嗅いでもらったりしながら、満足のいく打合せをお約束します。

6.地盤調査
図面確定後、現場敷地にて地盤調査を行います。建物四隅と中心の5ポイントを調べています。後日結果報告書をお渡ししながらご説明いたします。※事前に行う場合が多くなっています。

7.地鎮祭
工事に入る前に地鎮祭を執り行い、建物の外形に合わせて敷地に地縄を張り、建物位置の確認をしていただきます。※契約後、現場監督、コーディネータ、設計、営業の4者とお施宅様のお打ち合わせを行わさせて戴きます。

8. 基礎着工
アイ・ホームでは基礎工事に特に力を入れております。自社で用意した高精度鋼製型枠にて基礎工事を行います。充分な養生期間を設けて長期優良住宅として基礎が工事されます。

9.上 棟
柱、梁、屋根を組み上げていきます。第三者機関にて中間検査(構造検査)を行います。

10.現場打合せ
上棟後にお客様立ち合いのもと現場打合せを行います。コンセントやスイッチ類の確認を行います。

11.お引き渡し
アイ・ホームの社内検査後、再度お客様立会い検査が完了しましたら、いよいよご入居です。お引き渡しを行い鍵をお渡しいたします。さあ、これから長いお付き合いの始まりです。※登録住宅「いえかるて」お引き渡し後、アイ・ホームではお客様にお引渡し後、お住まいの管理を「NPO法人 住宅長期保証支援センター」『登録住宅「いえかるて」』へ預け入れし、75年間家づくりや、お手入れの記録を残して行きます。

12.建設評価書作成
「建設評価」をベターリビングが行い、性能表示通り施工されたことをチェックしてお客様への評価書を作成します。

アイホーム様が「フルオーダーの家づくり」をお客様にお伝えする際、”これだけは知っていただきたい”ことを3点ほど教えください。

1.アイ・ホームでは地震に強い家づくりを大前提に設計を行っております。
構造計算を行って、一般的には耐震等級2の(長期優良住宅の基準を満たす)家であってもお受けできません。最高等級3以上の設計とさせて戴きます。

大スパンを必要とする間取りに関しては、一般的な在来工法ではなく、SE工法や、Jウッド工法を採用させて戴きます。

2.アイ・ホームでは、ZEH(ゼッチ)宣言をして、省エネルギーな家づくりを推進しております。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスという概念は、高断熱・高気密な家造りで、エネルギー消費を最大限縮減し、それでも必要とされるエネルギーは、太陽光発電で創エネするという家造りです。100%ではありませんが、地球環境に優しいエコな家づくりをできるだけお勧めしています。

3.家づくりで安心安全な制度として確立された「住宅設計性能表示」「住宅建設性能表示」の両制度をアイ・ホームの基本としてご利用戴いております。関係機関の厳格な設計チェックと、現場チェックによって、ウソのない確実な「ものづくり」を行なっております。

一定の費用が発生致しますのでご理解を賜りたく存じます。

「フルオーダーの家づくり」へのメリット・デメリットはありますか?
メリット:自由度の高さ
デメリット:規格タイプに比べ少しお時間を戴きます。

実際に家を建築された方の口コミ・評判

”それぞれの要望に対し一つ一つ丁寧に教えて戴きました。補助金の事を教えて戴いたり、予算を最大限に生かすことが出来るように工夫して戴きました。”

”実にいろいろな事に対応して頂きました。ハンモックの取り付けやガラスブロックといった細かな要望にも対応して頂き、感謝しております。”

”家を建てることにわからないこともたくさんあり、不安や心配が大きかったのですが、資金計画から自分たちの理想の間取りや素材を使うことが出来るのかなど一つ一つ細かく相談に応じて戴きました。各業者の方々皆さん笑顔で対応して下さり、ひとつひとつ丁寧な作業で、色々と注文ごとや私たちの意見を受け入れ迅速な対応に感動しました。”

取材を通して感じた事

家づくりをする際、ほとんどの人は「一生に一度の、最大の買い物」という大きな不安を抱えています。

アイホームの営業スタッフが「真っ先にその不安をなくし、家づくりを心から楽しめる態勢に整えています」という姿勢でいることに胸を撃たれました。

私事ですが、自分が家づくりをしたメーカーは全国規模の知名度にあぐらをかいた営業担当者でしたので、最初から最後まで不安がぬぐえず、家づくりを楽しんだ瞬間はほとんどなかったからです。

今でも、全国規模のメーカーなら安心と考えて決めてしまった自分を責めてしまい、「家づくりは本来楽しいものではないのか?」「もっと楽しめたはずではなかったか?」と後悔ばかりしています。

地域密着で「お客様の不安をなくして家づくりを楽しんでもらおう」という姿勢のアイホームなら、こうした後悔をしないはずです。

また、一級建築士の人数やインテリアにかかわるスタッフの人数にも驚きました。こうした体制が整っているなら、きっと理想の家づくりを楽しむことができるはずです。

宮崎に密着し、地元を愛しながら「我が家リゾート」「アンチエイジングハウス」といった住まい方の提案までしているアイホームなら、顧客が望むことをしっかりヒアリングした上で適切な提案をしてくれると実感しました。