はじめに

初めての妊娠。お腹に宿った新しい命の誕生に夫婦で喜びや幸せに満ち溢れます。しかし同時に、これから一体何をしたらいいのか、何をしてはいけないのかと今後の生活を不安に思う方も少なくないはずです。

妊娠がわかったらまず、家族や職場への報告、仕事を退職するのか産休をとるのか考え、出産一時金などの必要な手続きを行い、産院選びと出産方法を決め、ベビー用品を購入したりなど…やらなければならないことが山のようにあります。妊娠が初めての妊婦さんにとっては不安にかられ、混乱する方も多いと思います。

そんな妊婦さんの不安や混乱が少しでも解消できるよう、ここでは「妊娠した時にすべきこと」「妊娠中の過ごし方」について詳しく紹介していきます。また、みなさんは無痛分娩についてご存じでしょうか?今回は合わせて、無痛分娩で有名な聖ローザクリニックの分院である、“聖ローザクリニックタワーズ”についてもご紹介いたします。

妊婦さんが妊娠した時にすべきこと

妊婦と夫

人によっては子どもが欲しくてもできない人や不妊治療中の人もいるかもしれません。安易に報告をして相手を傷つけることになってしまうので、いったん心を落ち着かせ、報告するタイミングや相手との関係性を考えましょう。
仕事をしている女性の場合は職場への報告です。

退職するのか、産休をとるのかについて相談をしないといけません。またつわりなどで体調が悪い場合は、現在の勤務形態を見直してもらわなければなりません。妊娠初期に無理をして切迫流産になる人も少なくないため、通勤時間をずらしてもらったりなるべく座って仕事ができるような役割にしてもらうなど、上司に調整してもらいましょう。報告を後回しして無理をするのは禁物です。

そして、体調管理に気をつけましょう。妊娠が分かると同時に、禁酒・禁煙しましょう。たばこやアルコールは、胎児の発育や母体の健康リスクを高める原因になります。たばこは胎児の発育や機能の発達に影響を与え、流産や早産、低出生体重、早すぎる破水、胎盤の位置の異常、胎盤早期剥離などの確率が高まります。

また飲酒は、母体からの血管と胎盤を通じてアルコールがダイレクトに胎児へと渡ってしまうため、長時間酔っぱらっているような状態になります。妊娠初期であれば奇形、妊娠末期であれば発達遅延や中枢神経系の機能不全などの異常が出る危険性があります。妊娠がわかったら、禁酒、禁煙しましょう。

妊娠が発覚したら、食事の栄養バランスを見直しましょう。お腹の赤ちゃんは、ママが摂った食事から栄養分を送られ成長します。鉄分やカルシウム、ビタミンなど、妊娠中に不足しがちな栄養は積極的に摂りましょう。特に葉酸は妊娠中に欠乏しやすく、多く摂取しなければならない栄養素です。葉酸が欠乏すると胎児に神経管閉鎖症のリスクが高くなってしまいます。緑の野菜に多く含まれていますが、葉酸サプリメントを飲むのも一つの手です。

妊娠中の過ごし方について

妊娠初期(妊娠4カ月まで)は体調が不安定になりやすく、体のだるさや熱っぽさ、胃のむかつきや眠気などといった症状がでることがあります。見た目が変わらないため、あまり周囲に気づかれないため、体調が悪いときは旦那さんや家族に伝え、家事や買い物などできるだけ手伝ってもらい、協力し合うことが必要になってきます。家にいるときはソファで横になったり、楽な服装や暖かい格好をし、できるだけリラックスするようにしましょう。

そして、妊娠と出産に関する情報収集や学習をしましょう。妊娠中の母体の変化や赤ちゃんの発育、出産に関する手続きや準備についての情報収集を行いましょう。その際に自分だけでなく、旦那さんにも一緒に学習するようにしましょう。

旦那さんも知識を持っていることで安心して妊娠期間を過ごし、スムーズに出産を迎えることができます。また、市区町村や産院、保健所で行っている両親学級に夫婦で一緒に参加しましょう。妊娠と出産、そして育児の知識を学習できるだけでなく、旦那さんに父親としての実感や父性が養われます。

聖ローザクリニックタワーズの病院概要

聖ローザクリニックタワーズは、横浜市東戸塚に所在した産院で、無痛分娩で有名な聖ローザクリニックの分院です。気品あふれる内装となっており、優雅でゆったりとした気分を味わえる空間で検診を受けることができます。このような、きめ細やかな配慮の行き届いた聖ローザクリニックタワーズで、一生の思い出に残るお産をしてみてはどうでしょうか。

会社概要

商号
聖ローザクリニックタワーズ
住所
横浜市戸塚区信濃町535-2-307