はじめに

皆さんは、インターネットといえば何を想像しますか?
私はGoogleを思い浮かべたのですが、人によってはSNSやアプリなどを思い浮かべる人、プログラミングやSE、Webエンジニアなどを思い浮かべる人がいるかもしれませんね。

このように、インターネットは奥が深いものなので、「インターネット」をひとくくりにすることは決して簡単なことではないのです。
しかし、視点を変えればインターネットはひとくくりにできない分、様々なサービスの可能性を秘めている、素晴らしい存在でもあります。

今回紹介するのが「株式会社デジタルクエスト」という会社なのですが、デジタルクエストは、ウェブサービスやアプリ開発を問わず、ECサイトの構築や自社プロダクトの開発など、インターネットのあらゆるジャンルに対応したサービスを提供している会社です。

無限に広がるインターネットの業界で成長し続ける、デジタルクエストとはどのような会社なのか、インタビューの内容を紹介していきます!

株式会社デジタルクエストについて

まずは、今回インタビューを行う株式会社デジタルクエストについて簡単に紹介します。

デジタルクエストは、秋葉原駅より徒歩1分と立地の良い会社です。
デジタルクエストに努める社員さんの口コミや評判を見た感じだと、「出社時間がほぼ自由」「フレンドリーな雰囲気なので馴染みやすい」「どのポジションでも企画会議に参加できる」といったようなものが多く、個人的に興味を惹かれます。

メイン事業はWebコンテンツの受託開発のようですが、デジタルクエストは東京都経営革新計画の承認とPマーク(個人情報の保護体制に対する第三者認証制度)を取得しているそうなので、安心して依頼することができそうですね。

さて、次はいよいよインタビューです!

株式会社デジタルクエストへのインタビュー

デジタルクエストの事業内容について教えてください。

株式会社デジタルクエストは、ウェブサービス・アプリ開発に特化した開発会社です。
最新技術も取り入れ、多種多様な開発を行っています。
2016年に株式会社サイバードから独立後、自社売上のみで成長し続けており、2018年にはトレジャー・ファクトリーグループにジョインしてリユース業界のIT化にも貢献しています。

デジタルクエストの強みはどんなところですか?

1. 利益、商いという視点を重要視しPDCAを運用することができる
2. フューチャーフォン時代からモバイル開発に携わり、多岐にわたるジャンルに対応可能
3. VR・AI・ブロックチェーン(DApps)・仮想通貨など、最新技術に対応可能

この3つの強みを活かして、私たちは常に新しいプロジェクトを進めています。

顧客満足度を上げるために常に心がけていることについて教えてください。

お客様が「信頼できる環境」を保つため、【プライバシーマーク(Pマーク)の取得】や2018年には東京都より【経営革新計画の承認】を受けるなど、信頼を維持し続けるために、コンプライアンスを意識した経営に取り組んでいます。

これまで一番印象的だった出来事について教えてください。

デジタルクエストで開発したブロックチェーンゲームについてセミナーで講演した際に、講演を聞いておられた某大手ゲーム会社の幹部の方から話しかけられました。
そのゲーム会社でもブロックチェーンゲームについては以前から検討していそうですが、社内の議論にばかり時間がかかって前に進んでいなかったそうです。
そんな中、当社のような社歴の浅い、規模も小さい会社が先んじて市場を切り拓いたことに敬意を表したいと言葉をかけてくれました。

おわりに

設立当初から、「デジタル世界のビジネスの可能性」を探求し、挑戦をしてきたデジタルクエスト。
インタビューを行いながら、可能性は無限に広がっていても、それを手にするかどうかは自分の行動次第だなぁと感じました!

最後に、個人的におすすめなデジタルクエストのコンテンツを紹介して終わります。
とんとんチャンネル
とんとんチャンネルは、幼児向けの動画を配信するYouTubeチャンネルです。
チャンネル登録者数は5万人を超え、家事などで手が離せない間にぱっと子どもに見せることができるような動画が沢山配信されています。
チャンネルには人気YouTuberの「いりぽん先生」が出演しています!
子育てを頑張るママさんパパさんはもちろん、いりぽん先生のファンの方も楽しめる内容となっています。
ぜひご覧ください!

会社概要

商号
株式会社デジタルクエスト

代表者
代表取締役社長 鮫島 洋幸

所在地
東京都千代田区神田佐久間町2丁目20 翔和秋葉原ビル 5F

コーポレートサイト
https://www.digiq.co.jp/

資本金
3,500万円