はじめに

近年、子供に英語を習わせるご家庭が増えています。英語は小学校での必修化が進んでいることから、子供の居る家庭の英語教育への関心が高まっているのです。言語の習得には低年齢から勉強を始めるのが良いといわれており、できるだけ早くから子供を英語に触れさせようと考える親御さんも多くなっています。

小さいうちから英語に親しむことは、英語習得のためにさまざまなメリットがあります。中でも一番のメリットは、ネイティブスピーカーの繊細な発音も判別できる聞き分け能力が育つことです。幼児期から英語を学ぶことで、よりネイティブに近い発音や聞き分け能力が身につきやすいといわれています。特に、多くの人がぶつかりがちな「L」と「R」の発音の壁は、小さいうちから英語を習っていると乗り越えやすいとされているのです。

また、子供のうちから英語を学ぶと、身につくのが早いというメリットもあります。小さい子供は好奇心が強く物事を吸収するスピードが速いので、英単語や文法もすぐに覚えられる子が多いのです。

以上のように、子供のうちから英語を学ぶことには多くのメリットがあり、小さいうちから英語を学べる教室や習い事は人気が高まっています。今回ご紹介する「インターナショナルキッズハウス」も幼少期から英語を学ぶことができるところです。この記事では、同園の概要や、提供しているサービスについてまで詳しくご紹介していきます。

インターナショナルキッズハウスとは?

インターナショナルキッズハウスは、日本人の子供たちのためのインターナショナル保育園です。英語と日本語の二言語を併用した保育カリキュラムにより、バイリンガルを育てる保育園として人気を集めています。

インターナショナルキッズハウスの特徴は、幼保一体型のインターナショナル保育園だということです。保育園の良さと幼稚園の良さを、どちらも併せ持った保育施設なのです。例えば、保育園はしつけや教育は二の次といったイメージをお持ちの方もいるかもしれません。保育園ではさまざまな年齢の子供たちがのびのびと過ごせる一方で、小学校に入ると勉強が主体となる生活になり戸惑う子が多いのも事実です。

逆に、幼稚園では文字や数字を学ぶ時間やさまざまな園行事が設けられ、小学校入学に向けた準備や教育が行われています。しかし、保育時間が短いため共働き家庭では幼稚園入園が難しかったり、保護者の出番が多く負担になったりもします。

こうした保育園と幼稚園の特徴をいいところ取りしたのが幼保一体型園です。インターナショナルキッズハウスは、多くの保護者の方のニーズを満たす保育園だといえます。子供たちは毎日をのびのびと楽しく過ごしながらも、英語をはじめとした教育プログラムもしっかりこなし、小学校入学に向けて充実した毎日を過ごすことができるのです。

さらに、インターナショナルキッズハウスでは多彩な園行事も設けています。春にはイースター、夏にはサマースクール、秋にはハロウィン、冬はクリスマスといった具合に海外の季節イベントも体験できるのです。もちろん、お正月や節分、七夕といった日本ならではの四季折々の行事も行います。多くの園行事を通して、子供たちは国内外の文化や風習も学ぶことができるのです。

また、インターナショナルキッズハウスでは英検取得に向けたサポートも充実しています。在園中に、日本英語検定協会の実施する英検準2級を取得する子もいるほどです。英語能力の高さが実証されるだけでなく、小学校での英語教育にも役立ち、中学・高校受験にも活かすことができます。

インターナショナルキッズハウスの事業とは?同社に直接インタビュー!

貴園の事業内容について教えてください

英語教育を中心とした幼保一体型インターナショナル保育園です。

貴園の強みについて教えてください

入園時期にもよりますが、英会話はもちろんのこと、卒園時期には英検3級・準2級を取得できるレベルの子が多くなっています。高いレベルの英語が身につくことは、当園ならではの強みだと思います。

貴園がお客様満足度を上げるために、常に心がけていることについて教えてください

お客様の多くは日本の保育園の雰囲気でなく、インターナショナルスクールのイメージをご希望されています。そこで、明るくてフレンドリーな雰囲気を心がけ、あえて日本の保育園のイメージにとらわれないよう心がけています。

これまで一番印象的だった出来事について教えてください

当園は認可外保育施設です。世間のイメージでは、認可外保育園は認可保育園より色々な面で劣るのではないかと思われがちです。しかし、保護者の方から「認可外でもインターナショナルキッズハウスだからこそ選んでいます。」とお聞きしたときは嬉しかったです。

貴園のサービスを利用した保護者からの口コミについて教えてください

インターナショナルスクールの環境のおかげで子供が明るく積極的になった。

高い英語レベルの教育なのに子供たちは楽しく英語を学んでいて、保育園に行くのが楽しいと言っている。

まとめ

インターナショナルキッズハウスは、子供が小さいうちから英語を学ぶためにとても良い環境だなと感じました。幼保一体型なので、共働き家庭でもそうでなくても子供を預けやすいですし、インターナショナルスクールのような雰囲気ということで、子供がのびのび過ごせそうです。英語が身につくだけでなく、多様性や自分の意見を持つということについても学べる保育園だと感じました。

英語は小学校から教科として学ぶことになるので、インターナショナルキッズハウスで小さいうちから英語に親しんでおくと入学後も安心ですね。すごいのは、卒園後も英語を学べるということです。「アフターレッスン」という枠が設けてあり、土曜日には長時間プログラムも設置されています。小学生になっても英語に触れる機会を失わずに済むので、英語を長く学び続けることができそうです。

小さいうちから英語を本格的に学ばせたいという保護者の方や、英語に囲まれた環境で子供を育てたいというご家庭には、インターナショナルキッズハウスがおすすめです。将来的に英検やTOEICの取得までサポートしてくれるという点も魅力的だと思います。インターナショナルスクールのような雰囲気の中で高いレベルの英語教育を受けさせたいというご家庭は、ぜひインターナショナルキッズハウスを検討してみてはいかがでしょうか?

会社概要

商号
インターナショナルキッズハウス
所在地
〒672-8043 兵庫県姫路市飾磨区上野田1丁目22
園長
岡野 サラ
設立
2003年
コーポレートサイト
http://www.internationalkidshouse.com/
事業内容
保育業務