はじめに

建設業界は、公共施設やアミューズメント施設、一般住宅や店舗など、建物全般に関わっています。2021年の東京オリンピック需要が終了することで、建設業界の市場規模は下降するとの懸念がありました。近年では、安定した需要によって市場規模が拡大し続けていることが特徴です。昨今の需要としては、2025年の大阪万博や2027年のリニア新幹線開業、都市再開発、耐震防災工事などがあります。

また、高度成長期に広まったインフラ設備の老朽化が進んでいるため、現在ではインフラ設備の維持や補修、改修などの需要が高まっています。このように、建設業界は人々の生活に不可欠なため、市場規模が一時的に縮小することはあっても、比較的安定して推移することが予想されます。

そんな建設業界で、住む人の健康に配慮した家づくりをしているのが、今回ご紹介する「株式会社森建築」です。この記事では、同社の概要や代表の森宜教氏の想い、提供しているサービスについてまで詳しく紹介していきます。

株式会社森建築とは?森宜教氏についてもご紹介!

森建築について

株式会社森建築は、「いつまでも安心して住み続けられる家であること」を掲げ、100年先も構造を使用できる家を設計・施工しています。内装は時代の流れに合わせて変更できますが、構造の形を変えることはできません。

森建築はお客様の心に寄り添い、何度も打ち合わせを重ねたうえで、理想的な家を建ててくれます。また、ショールームはキッズルーム完備のため、子供がいる方でも気軽に相談できます。

そのほか、ZEHにも注目です。ZEHとは、高い断熱性能の住まいに、消費エネルギーを抑える高効率機器やHEMSなどによる「省エネ」と、エネルギーを生み出す太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、年間一次エネルギー消費量をおおむねゼロにした住まいです。

断熱性能に優れていることで、結露やカビが発生しにくく、室温の差による身体への負担が少なくなります。創エネと蓄電池による畜エネを組み合わせることで、災害や停電の際の生活に困りません。

また、アフターケアが非常に充実しています。保証会社認定の「Jotoキソパッキング工法」の採用によって、白アリ被害の発生を限りなくゼロに近づけることが可能なうえ、10年間の白アリ被害が補償されます。

さらに、地盤が家の重さに耐えられずに不均衡に沈み込む現象に関して、引き渡し後20年補償されることも特徴です。また、住まいのご相談サポートサービスが24時間対応のため、長く安心して住み続けられるでしょう。

代表の森宜教氏について

インタビューの前に、まずは森建築の代表を務める森宜教氏について紹介していきます!

森宜教氏プロフィール
前述の通り、森宜教氏は株式会社森建築の代表を務めています。
森宜教氏が大切にしているのは、「安心して住み続ける」ことができる家づくりをすることです。

森宜教氏が目指す森建築の形は、お客様の心に寄り添い、それぞれの理想を叶えることです。
建築会社として当たり前のことに取り組み、お客様と長きに渡るお付き合いをさせていただくことに、森宜教氏をはじめとした社員一同は喜びを感じているそうです。
当たり前のことに取り組むというのは、決して簡単なことではありませんよね。
こうしたことにしっかりと目を向ける点には、森建築のこだわりを感じます!

さあ、次はいよいよインタビューです!

株式会社森建築(代表:森宜教)の事業とは?同社に直接インタビュー!

森建築の事業内容について教えてください

弊社は木造在来工法をメインに新築住宅、住宅リノベーション、店舗新装、マンションリノベーション、小規模から大型リフォーム、社寺、茶室、外構土木など、幅広く行っております。

森建築の強みについて教えてください

社長の森宜教自身が大工職人(社寺)ということもあり、お客様に対し率直な考えを分かりやすく説明することが可能です。それがお客様の絶対的な安心や信頼を得ることに繋がります。

また、個々が豊富な知識を持つことで、さらなる信頼を得ることが可能です。アフターケアに関しては、急を要する場面でも専門業者と迅速に連携し、適切に対応できることが大きな強みです。

森建築がお客様満足度を上げるために、常に心がけていることについて教えてください

お客様のご要望に対し基本的にノーという答えはなく、どのような案件でも知恵を絞りプロとしてご提案いたします。「ここだったら安心して任せられる」、「頼んで良かった」と思っていただけることが最終的にお客様の満足に繋がると思っております。

また、社内での情報共有を徹底し、変則的な場面も迅速に対応することがお客様にご満足いただくための重要な要素だと考えております。

これまで一番印象的だった出来事について教えてください

シンプルで一番心に残る言葉は、やはり「森建築さんで建てて良かった」と涙を流して言っていただけたことです。

まとめ

森宜教氏が代表を務める株式会社森建築は、100年先も構造を使用できる家づくりを志しているだけあって、お客様の理想を叶える意識が非常に高いと感じました。どれだけ豊富な知識と技術があっても、理想を叶える気持ちが強くなければ、お客様満足度を上げることは不可能です。

同社は、情報共有の徹底や知識の蓄積などによって、お客様の理想を非常に高いレベルで叶えられます。また、ZEHのように、複数の技術や機器を組み合わせることで、1年を通じて過ごしやすく健康的でエコな生活を実現できることも大きな特徴です。

そのほか、白アリ10年保証や20年の地盤保証など、安心して住み続けられるサービスを提供している点にも好感を持てます。家を引き渡したら終わりではなく、あらゆる意味で「いつまでも安心して住み続けられる家であること」を徹底していると感じました。

また、どのような希望でも知恵を絞って方法を考える姿勢は、まさにプロのあるべき姿そのものです。実際に、「森建築に頼んでよかった」とお客様から言っていただけているため、説得力もあります。

同社に家や店舗の建築を依頼すれば、安心して長く住み続けられる理想的な建物を建ててくれるでしょう。
森宜教氏をはじめ、森建築の皆さんのご活躍をこれからも期待しています!

会社概要

名称
株式会社森建築
代表
森宜教
所在地
宮崎県宮崎市浮田922-3
コーポレートサイト
https://www.morikenchiku.com/
事業内容
新築、増改築リフォーム全般 ・店舗改装 ・社寺・
数寄屋建築 ・バリアフリー工事 ・塗装 ・防水全般・
解体工事全般 ・土木工事全般・公共工事