ザート商会はドイツの食文化を日本に広げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ザート商会はこんな会社

ザート商会は東京都港区に本拠地を置く食品関連企業です。ドイツをはじめとするヨーロッパのプレミアムビール、各国のさまざまな品種のワインや食料品、ヨーロッパレストランの経営などを行っています。日本でもパブや百貨店などでドイツ製のビールやソーセージなどが売られているところを見たことがある方も多いかもしれません。実はこうしたドイツ産の食品の多くは、ザート商会が輸入・販売をしています。ドイツ産のビールやワインはもちろんのこと、トリュフやフォアグラをはじめとした高級食材の買い付けも行っています。

また、都内には9店舗、直営店のレストランを経営しており、このノウハウを活かして、外部のレストランのインテリアや装飾をプロデュースしたり、企画設計やコンサルティングなど、食品に関わるさまざまなことを事業として展開しています。さらに、それぞれのレストランには、知識と経験が豊富な専属のソムリエがスタッフとして常駐しています。ドイツワインをはじめ、さまざまなヨーロッパのワインに精通しているので、レストランに来たお客様にTPOに合った最適なワインを選んだり、お客様の好みをよく聞いて、ワインセラーからおすすめのワインを提案したりしてくれます。

ザート商会はグルメイベントやビールイベントにも出店し、クラフトビールやドイツ各地のソーセージを楽しむイベントも随時開催しています。ドイツのビールは、国が定める最古の食品に関する法律である「ビール純粋令」によって麦芽100%を徹底しており、どの地方の麦を使っているかによって風味も大きく変わってきます。こうしたさまざまなイベントに参加することも、ドイツの食文化を日本に広げるために一役買っています。

ビール

都内で経営する9つのレストラン

ザート商会は日本橋・東京丸の内・銀座や、新宿西口・表参道ヒルズ・六本木ヒルズなど、都内の9つの場所にそれぞれ独立したレストランを展開しています。例えば表参道ヒルズに店舗を構える「シュペッツレ カフェ&ワイン 表参道ヒルズ」では、ドイツ生まれの新感覚パスタ「シュペッツレ」をたくさんの種類の中から選んで楽しむことができます。注文を受けてから生地を作るので、今まで経験したことのないようなシュペッツレの食感を楽しむことができます。

また、本格ドイツ料理や直輸入のドイツワインやゼクトと呼ばれるスパークリングワイン、パティシエの手作りスイーツも提供しています。店内には気鋭のアーティストによる作品がいくつも飾られており、カジュアルさの中でも落ち着きながら食事をとることができます。ザート商会のそれぞれの店舗では、季節に応じた様々なイベントを用意しています。忘年会や新年会はもちろん、ワールドカップでドイツが優勝した際には「ドイツ優勝記念フェア」と称してドイツビールをお求めやすい価格で提供したこともあります。

また、夏から秋にかけて行われる「オクトーバーフェストビア」では大ジョッキに入ったさまざまな地域のビールを飲み比べすることもできます。ザート商会のレストランではビールだけでなくワインも人気で、春には桜ワインショーレという期間限定のワインが登場したこともあります。「フランツクラブ 浜松町」「ジャーマンファームグリル 渋谷」「シュタインハウス 銀座」ではボトルビールのスタンプカードシステムもスタートしました。ビールというと缶ビールのイメージが強いかもしれませんが、日本の瓶ビールのようにドイツでもビールをボトルで飲むことがあります。そうしたボトルビールをストックしておくのも、ドイツレストランならではです。

ワイン

ヨーロッパ文化を広げることを誇りに

ザート商会の7つのミッションのうち、最初に掲げられているのが「ヨーロッパや諸外国文化を伝える事のできる仕事に誇りと感謝を持とう」という言葉です。ヨーロッパや諸外国文化を伝える仕事に誇りを持ち、またその仕事ができる場があり仲間がある事に、感謝の念を持ちましょう、という想いが込められています。そうしたミッションから、ザート商会に関わるメンバーは、さまざまな研修を経て店舗に立ちます。レストラン部門でなくとも、ワインを扱う機会は比較的多いので、会社に所属するシニアソムリエやソムリエから、直接ワインに関する研修を受けます。

また、海外ワイナリー研修やドイツブリュワリー研修など、現地に赴いて実施する研修もあります。実際にソムリエやビアジャッジなどの資格を取得する制度も充実しており、多くの従業員がこうした資格にチャレンジし、資格を取得しています。年に数回、激レア選定試飲会も行っており、普段なかなか飲むことのできないワインのテイスティングを行うこともあります。

さらに、ここで得たワインに関する知識を接客で活かせるように、接客シミュレーションを行います。おすすめワインとともに、このワインにはどんな料理が合うのかもお客様に提案できるようにします。社長から各ブルワリーの歴史や特徴などのレクチャーなどを受けながら、スタッフ全員で試飲・試食しながらの研修を行います。このようにザート商会は、ヨーロッパ文化を広げるために、人材の育成にも力を入れています。

505328

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です