豊田通商株式会社は豊田グループの総合商社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

豊田通商株式会社

豊田通商株式会社は東京都港区に本社、愛知県名古屋市に本店を構える総合商社です。トヨタグループの商社として知られていて、大手の総合商社と肩を並べる企業に成長しています。トヨタグループなので、自動車関連に強く、その他にも金属、機械を中心に、石油、プラント、食品などを手がけています。
自動車分野ではトヨタの他にスバル、日野、ダイハツなどの車を世界に輸出しています。国内に34拠点、海外に50カ国、120拠点を構えています。
豊田通商株式会社は1948年の設立以来世界を相手にグローバルな視野を持って様々な事業を展開してきました。

青空とビルと球体

トヨタグループとして自動車の輸出を中心に、世界中のグループ会社がしっかりと連携をしてニーズに応えるために社員が一致団結をして邁進しています。
社員全員が「付加価値の創造」を基本にして様々な商品やサービスを提供しています。目まぐるしく変わる現代の世の中で、豊かな社会づくりに貢献するために世界を相手に成長を続ける会社です。
トヨタグループということでどうしても総合商社と言えでも車のイメージが強かったのですが、最近では車の輸入以外にも情報、物流、金融、リスク管理など、様々な分野での活躍が目覚しい商社となっています。
今度も大手商社に迫る勢いで多くの商品を扱っている総合商社として高い実績がある会社です。

取締役社長の加留部淳

豊田通商株式会社取締役社長の加留部淳は人・社会・地球との共存共栄をはかりながら、社会づくりにしっかり貢献していきたいという理念を持って社長を務めています。
豊かな社会づくりに貢献するためにはどのように社員を動かせばよいかをしっかり考えて経営をしています。
商社は常に変化する市場を瞬時に見極めて、求めている様々なニーズにしっかり対応をしていかなければいけません。
今までのビジネスモデルに依存しないで、さらに新しい分野、新しいビジネスモデルを追求して将来を見据えてビジネスチャンスを掴んでいくために必死になって会社経営に取り組んでいます。

加留部淳が豊田通商株式会社取締役社長に就任してから幾度に渡って景気後退局面を経験してきましたが、そのたびに横のつながりを大切にして危機や困難をしっかり乗り越えてきた強みがあります。
社長自ら理念を貫き高い志を持って自由な発想から情熱と精神力・行動力の大切さを社員に訴えて、みんなで力を合わせて事業展開をしています。
これからも取引先・株主・社員と一緒に夢と感動を味わいながら、社会から価値がある会社だと認めてもらうように豊田通商株式会社取締役社長の加留部淳は努力し続けます。

複数のビジネスマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です