伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社

伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社は東京都千代田区大手町に本社を置く、建築資材を提供している商社になります。日本全国に建築資材を提供していて、全国に15の支店を有しています。
2001年に伊藤忠テクノメタルと丸紅鉄鋼建材が合併して伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社が発足した経緯があります。扱っている製品は多岐に亘り、土木、建築用の建設資材をメインに取り扱っています。

扱っている製品

扱っている製品には4つの柱があり、建築用鋼材・土木用鋼材・オリジナル商品・各種工事の製品を扱っています。建築用鋼材は棒鋼、H形鋼、山形鋼、溝形鋼、土木用鋼材は鋼管杭、鋼矢板、セグメント、フェンスなど、各種工事は鉄骨工事、金属建具工事、内装工事などを手がけています。
伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社の実績は輝かしいものがあり、東京の52階建て高層ビル「虎ノ門ヒルズ」の建設時に、同社が棒鋼・鉄骨用鋼材などの資材を供給した実績があります。
この他にも国家的巨大プロジェクトにも多数関わってきた実績があります。

木材

代表取締役社長の平本淳

伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社代表取締役社長の平本淳は「信頼と豊かさ」そして「夢と誇り」を常に追求し続ける人物です。
この理念を貫いて自ら先頭に立って指揮を執っています。この理念は社長だけに留まることなく、同社の社員全員に浸透している理念でもあります。建材商社という枠組みの中で取引先と長期的な信頼関係を築いていくにはどのように取り組んでいけばよいのかを、常に考えて今までにない新しい価値創造をしっかり追求しています。
どのような困難が立ちはだかっても、諦めないで夢と誇りを持って働く社員のために社長が先頭に立って会社の舵取りをしています。

強み

伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社の強みは高い行動力と情報力で社長も常に最新の情報を入手して適材適所に指示を出していきます。
そこから社員一人ひとりが無駄なく行動することができて、お客様に満足していただく商品を確実に提供することができます。
また代表取締役社長の平本淳は社員が働きやすいように会社の制度を整備していて、福利厚生も充実しています。社員一人ひとりが不安なく仕事できるように体制を整えるのも社長の仕事です。
宿泊施設、ゴルフ場、スポーツクラブなどを特別料金で利用できたり、借上げ社宅制度、退職年金制度、財形貯蓄制度などの福利厚生が整備されているので、長い期間無理なく仕事ができる環境が整っています。

複数の人

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。