アートスパークホールディングス株式会社

アートスパークホールディングス株式会社は東京都新宿区西新宿に本社を構える会社で、電子書籍ビューアやグラフィクス制作支援ソフトを販売しています。
アートスパークホールディングス株式会社はコンテンツソリューション事業、クリエイターサポート事業、UI/UX事業を展開しています。
これらの事業から様々な商品が生まれています。特に漫画を製作するソフトとして人気が高い「Comic Studio」は累計出荷本数が160万本、漫画とイラストを製作するソフト「CLIP STUDIO」が40万本以上、クリエイターの創作活動をサポートする「CLIP」の運営などの実績があります。

曲線

デジタルの絵を楽しむデジタル機器やコンテンツの提供

今までは紙に鉛筆でイラストを描いていましたが、デジタルで絵を描く人が増えていて、デジタルコンテンツを楽しむ需要が一気に増加している中で、初心者でも無理なく楽しみながらデジタルの絵を楽しむデジタル機器やコンテンツの提供を行っている会社です。
これらの機器とインターネットを使って創作活動をすれば誰でも、オリジナルの作品を世界中に発信できる時代です。
その発信するためのお手伝いをしてくれるのがアートスパークホールディングス株式会社の役割となっています。

代表取締役社長の川上 陽介

アートスパークホールディングス株式会社代表取締役社長の川上 陽介は1960年生まれで82年オークグラフィック研究所入社をして91年セルシスを創業しました。
川上 陽介の理念はアナログではなく、デジタルで「作る・使う・楽しむ」という創作活動をするために快適で利便性に優れている様々な環境を提供することを理念にしています。
インターネットの普及に伴って個人でも創作した作品を多くの人に見てもらえるチャンスが広がっていますが、一般人でもデジタルコンテンツを簡単に使いこなして漫画やイラストなどの作品を手がけてしまいます。
簡単に作れる、コンテンツを使える、その作品を多くの人に見てもらうということを実現させてくれた手腕は高く評価されています。

一般の方からプロの作家まで多くの人がアートスパークホールディングス株式会社が提供するコンテンツを利用しています。
代表取締役社長の川上 陽介が考えていることを社員が具体化しグラフィックコンテンツや、デジタル機器などをたくさん世に送り出しています。
川上 陽介が理想としている商品を多くの人に提供して、誰でも自由に「ものづくり」ができるように応援してくれます。
常に革新的なアイデアでこれからも作る・使う・楽しむをとことん追求していきます。

人影とPC