会社概要と社風

テクニコのHPにある『すべては、お客様の満足のために』という言葉は、まさしくこの会社を一言で表しているように思います。この会社では、照明・音響・映像といった目に、耳に、そして心に訴えかける演出を創造していく会社のようです。
主に、ホテルでの様々なイベント、会議、セミナーなどで使用される、照明・音響・映像などの演出表現に関する一連の業務をやっています。

また、企業様向けのCMや、製品のプロモーションビデオなどの企画から撮影、編集などの映像制作、それに伴う各種印刷物、映像コンテンツや音源制作を行っているようです。会社が設立されてから三十年近く経ちますので、日々培われてきた技術や評判もなかなかのものであります。

社員数も約200名近くで男女の比率も2:1ととてもいいバランスです。社員へのサポート機関、技術機関も充実しており、着実にステップアップしていける環境は整っているようです。口コミもよさそうです。

テクニコの事業ポリシーは3つの要素から成り立っています。『技術力』『信頼感』『おもてなしの心』の3つです。
『技術力』というのは会社設立以来の磨いてきたもの、『信頼感』とはお客様と共に、ベストな答えを見つけ出すよう努力し、お客様の要望に必ず応えて、これからもその形は変えないというもの、その積み重ねで成り立つものといっています。
『おもてなしの心』は会社の強みである技術力、それを企画、実行する社員へのお客様への誠心誠意の気持ちの表れと言えるでしょう。これら3つが組み合わさることにより、よりよいサービスが提供されるというわけです。ですので、お客様をベストに考えるテクニコは、口コミや評判も良いのでしょう。

ミキサー

テクニコが成長する理由

テクニコは演出オペレーション事業単独の企業ではなく、機材開発とイベント用映像やCMの制作をする企業でもあります。演出オペレーションの業務を通じて得た経験を自社機材開発にフィードバックし、さらにより良いオペレーション目指すという流れを持っています。一つの企業の中でこのような機能をもつことによる効果は大きく、より高品質のサービス、製品を生み出す環境を作り出しています。
またイベント用映像やCMの制作プロダクションが企業内に存在することにより、お客様へよりレベルの高い「ワンストップ・ソリューション」を提供することを可能にしています。

また、社員の待遇においては従来の業界のあり方を見直した「業績配分」を年二回の定期賞与とは別に支給することで成果に報いるなど、改善・改革に取り組んでいます。このような取り組みは、企業の技術やサービスのカギとなるのが人材であると認識して取り組んでいる証拠と言えるでしょう。

近年のスピードの速い技術革新に対応するために、特に最新の機材の購入とそれらを使用するための社員の教育には積極的に投資をしています。技術革新にキャッチアップするためには、継続的にしかも積極的に投資をしていくことが必要です。そうすることで初めてお客様に常に最新のサービスや技術を提供することができます。
テクニコでは年間売り上げの5%を機材購入に充てる、また社員教育においては年間を通じての技術研修スケジュールを組むなど、継続的な投資を惜しみません。

以上のように、複合した機能を一つの企業内に作り上げること、社員待遇やモチベーションへの配慮、そして機材や教育への継続的、積極的な投資が成長を加速させ、さらに発展を遂げる理由です。

成長するグラフ

転職者から支持される理由

テクニコは転職希望者からの人気がとても高い会社であることもわかります。その根拠は口コミや評判だけでなく、公開しているアンケート結果からも判断することができます。
5年以上の社会人経験を持った方の入社が多く、それはこれまでの仕事を振り返り、これからは安定した環境の元で今まで身につけた技術や能力を発揮したいという転職者の気持ちの現れに他なりません。定着率が低いと言われるこの業界において、とても低い離職率を誇っていることも人気の理由と言えるでしょう。働く上で安心して働けるように福利厚生や評価システムを整えたことが高い評判に繋がっています。

また、テクニコは照明や音響などの演出、企業様向けのCMや製品のプロモーションビデオの映像制作と専門性が高いにも関わらず、転職してくる方の中には異業種や異業界からの転職者が数多くいます。本来であれば専門分野を学び精通した人財を確保するところですがテクニコは一連のノウハウや技術を一から伝授してくれます。専門分野に興味があっても、経験がない転職者にはこの上ない条件です。
そして、会社側からしても、仕事への関心が強い人財やスキル習得に貪欲な人財はを招きいれることは、新しい刺激となり会社がより成長することができます。こうした要因により、転職者からも高い評判を得ています。

転職用履歴書

オペレーション、ソフトウェア、ソリューション

テクニコの会社でのオペレーションについての口コミや評判は、『照明』、『音響』、『映像』という演出要素を技術で支えてお客様の要望に応えていける仕組みを作っているようです。機材を扱うオペレーターの育成、機材や設備の保守、様々な機材導入への提案とったトータルサービスを提供しています。

その中でホテルオペレーションとは、各ホテルにオペレーターを常駐させ、各ホテルのブランドにあった演出を提案しています。そしてイベントオペレーションとは、ホテル以外での大型催事会場でのイベントでの演出オペレーションも行っています。続いて、ソフトウェアですが、これは各イベントでのそのイベントにあった演出用の音源、映像、を組み合わせたソフトという意味です。特に結婚式での心温まる写真や動画を使っての演出は、なかなかの評判です。『movie cast』は、テクニコの会社の持つ戦略商品で、動画と静止画を使ってお客様自身で簡単にチョイスして一緒に作っていけるという、普遍的なパッケージ化に成功したようです。

最後にソリューションですが、これはテクニコが最も注力していることです。オペレーション業務から培った経験や、お客様とのやり取りの中で得られた知識を生かし、これからのお客様の各ニーズに応えるようにすることです。
これはこの会社がハード面とソフト面からお客様をサポートしているからできる事です。お客様との打ち合わせも、今後につながるビジネスチャンスと考え、行動していくことにより、さらに質の良いサービスをお客様に提供する事ができるのです。
お客様と共に、技術も、ビジネスチャンスも獲得していける関係にあるのでしょう。

映写機

3つの部署

テクニコには、オペレーション部門以外にも3つの部署があります。
テクニコのオペレーション、ソリューション、ソフトウェアを、下で支える人の口コミ、評判はどうでしょうか。

制作グループ

企業向けの製品プロモーションやビデオやCMなどの映像制作を担当する制作グループでは、経験や実績を積んだスタッフがその制作を担当し、高い品質を提供しています。このようなビデオやCMの制作にはテクニコが展開しているオペレーション業務で培った技術や経験が反映されています。

制作部では企画作業から撮影・編集・ナレーションの制作作業、また依頼された企画に必要となった印刷物などを一括して受注することにより、お客様へワンストップで一貫性の高い、利便性の高いサービスを提供することに成功しています。

自社開発ソフトウェア「MOVIE CAST」は結婚式などで流される映像や音楽を編集するために開発されたもので、このソフトウェアを使用することにより、お客様自身が動画や静止画の演出を選択できることができます。より自由で便利に、レベルの高い演出効果サービスを提供できることにより、結婚式場、イベント会場運営の企業にとっても非常に有用なツールとして重宝されています。

このような制作部の業務は事業の柱の一つであるオペレーション事業の実績、経験が背景になって展開されています。オペレーション事業における現場での声、お客様の要望が制作部においてのスキル、ノウハウに取り入れられ、制作作業やソフトウェアの高い品質を達成しています。また逆に制作作業での経験やノウハウあるいはお客様からのフィードバックが、オペレーション事業に取り入れられていく循環も行われます。
つまりテクニコの制作部は単独でお客様をサポートしているのではなく、企業の力全体を反映させた内容でサポートしており、その点において単一機能だけを持つ制作会社とは違ったレベル、内容でのサービスが可能になっています。

営業部

テクニコの営業部においては、宴会場設計施工の提案、演出機材の販売レンタル、イベントの企画提案を行っています。
お客様の要望や課題となっていることを詳細に検討し、プロとしての知識と経験で様々な提案や解決策を提示します。お客様からのイベント等の開催希望を聞き、その内容から手際よく的確に、必要な準備、機材、スケジュール、予算などお客様が必要としている情報を提示、提案するためには営業部としての豊富な経験と知識が必要です。
そのためにはオペレーション事業、制作事業との連携はもとより、現在のイベントに関するトレンドや方向性などの市場に対するアンテナを常に張っておく必要があります。

テクニコでは社員への継続的、計画的な教育、研修を通じて最新の技術やそれを使ったイベントを提供できる人材の育成に取り組んでおり、また最新の機材に更新するために投資を行っています。

以前では不可能であったイベントプランであっても、現在の最新の機材、スキルをもってすれば可能であるということも珍しくありません。
このように単に、経験と実績だけでなく最新の技術やスキルを反映した提案を行い、いろいろな要素をミックスさせることによってお客様のニーズをより理想的な状態で反映し、満足してもらえるように努力するのが営業部の仕事です。
様々な場所へ訪問しそのお客様特有の要望にきめ細かく対応するため、日ごろからの準備や研修を欠かさずに行い、営業部としての対応を常に高いレベルに保つようにしています。

オフィスサポートセンター

オフィスサポートセンターはテクニコの人材育成の要となるもので、年間を通じての教育研修や、機器の運用を学ぶ技術研修、社会人としての適切な対応技術を学ぶマナー研修これらを行っている所で、テクニコの記述力を支える屋台骨というべき存在です。

照明や音響、映像の各分野における多様な機材を適材適所し、これらの機材を使いこなすための人材の育成にも積極的に注力しています。育成・教育研修は年間を通じて行われており、機器の運用を学ぶ技術研修はもちろんですが、ホテル業界やブライダル業界との関わりをもつため、相応の対話術やマナーを学ぶための研修になっています。

良い技術は、良い精神があってのものですので、技術とともに、扱うスタッフの教育まで熱心に取り組む姿勢はさすがと言わざるを得ません。
このサポート体制がテクニコの特色が現れる人材を育成するために大きな役割を果たしています。

協力する手

社長の想いや理念と共に歩む

こういった体制を整えるテクニコは「ホスピタリティファースト」をスローガンに「優れた技術とマナーにより史実に社会に貢献すること」を企業理念としています。
単に技術が高いだけではお客様に満足いただけないことを根本から理解しているのでしょう。そのためにテクニコでは社会人としての規律やマナーを遵守しながら自らのバランス感覚を持つ人材を必要としています。

社長の「お客様からの信頼や期待に応えるのは社員一人ひとりであり、技術力もホスピタリティも社員個人のなかに宿る」という想いのもと、門出を演出する仕事に終わりがないことを社員全員で共有することで、高いモチベーションを維持し優れたサービスの提供に尽力していくことでしょう。

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。