品川国際法律事務所について

個人依頼

田中広太郎が代表弁護士を務める品川国際法律事務所は、様々な外国語案件を取り扱う法律事務所です。その仕事の範囲は幅広いですが、特に交通事故の被害者側と外国人対応に優れているというのが特徴となっています。

人身交通事故において適正な賠償を受けるには、詳細な事実調査や医療調査及びそれらに基づく後遺障害認定を受けることが不可欠ですが、ひとたび外国人が事故に巻き込まれると、普通の法律事務所では対応しきれない範囲も出てくると考えられます。外国語を駆使できる田中広太郎弁護士が所属する品川国際法律事務所は、まさにこのようなニッチで重要な法的ニーズにピンポイントで対応しているのです。

交通事故と同様に、外国人が刑事事件に巻き込まれる場合、言語と文化の違いから、決して起きてはならないはずの「冤罪事件」が起きてしまうこともありますが、田中広太郎弁護士は、有名なペルー人誤認逮捕事件をはじめとして、多くの外国人刑事事件にも対応しており、国際法律事務所ならではの活躍を見せていると言っても良いです。

「英語・スペイン語対応可能」という特殊性と強みから、他にも担当している事件や案件は幅広く、日本国内外からやってきた人のために、最適な弁護を担当することがその事業となっています。依頼者の悩みに対して親身に対応する姿勢が評価を得て、近年はより評価が高くなっている法律事務所だと言えます。

今後、日本と海外の関わりがますます強くなっていくことは確実です。その時、海外の方が事件に巻き込まれることもあるでしょうし、日本の方が海外関連の事件被害に遭う可能性もあります。そこで、言語や文化の壁を乗り越えて真実を追求できる法律事務所が必要となるワケです。だからこそ、これら国際法律事務所は非常に重要な立ち位置となるワケです。国際化が進む日本で、より必要となってきている事務所だけに、今後の活躍にも大いに期待したいところです。

対応している案件とサービスについて

裁判

田中広太郎弁護士の在籍している品川国際法律事務所では、様々なサービスを行っています。いずれのサービスも専門性を追求しており、特に交通事故、企業法務、スペイン語・ポルトガル語案件、刑事弁護、芸能案件、一般民事事件、LGBT案件などを扱っています。

様々な立場の方の法的サポートを専門的に行っており、その信頼は非常に厚いものとなっています。国際法律事務所ならではの独自のサービスも多く、特殊な案件にも対応しているのが大きな特徴と言えるでしょう。これから、さらにその需要は広がっていきそうです。

例えば、交通事故を起こされてしまった被害者側のサポートどを得意としている面があり、医師との協力のもと単なる交渉だけではなくその前提となる事実調査に力を入れていますし、海外の方に対する対応も非常に優れています。

特にスペイン語案件に関しては、田中広太郎弁護士は日本を代表する専門のスペシャリストと評価できるでしょうし、弁護士自ら言語を駆使できるのみならず、パーフェクトバイリンガルの通訳・翻訳スタッフがいるので、盤石の対応ができるようになっているのが大きな特徴です。

東京オリンピックや少子高齢化といった社会的な状況から、海外と日本との関係が急速に深まってきている背景の中、こうした法的サービスの重要性はかつてなく増してきているとも言えますし、多言語・多文化に対応できる弁護士も接待不可欠となっています。こうした特殊な状況にまさに的確に対応しているのが、品川国際法律事務所なのです。

もちろん、一般的な事件や事故などの対応もしているので、極めて幅広い分野にに対応できるという点に関しては、他と一線を画す事務所といえるかもしれません。特に代表弁護士に関しては、優れた弁護能力と対応力を持ち合わせており、その信頼は事務所内外でとても厚いものとなっています。社内外から信頼されている人物だけに、今後の日本を代表とする弁護士として活躍の幅を広げてくれるでしょう。

マイノリティや海外の方にも柔軟に対応

握手するビジネスマン

田中広太郎弁護士は、近年増加する外国人やマイノリティの方に対しての対応も行っています。近年、様々な国籍・人種の方が日々我が国に来日していますが、そうした人々が、たまたま初めて日本を訪れた時に誤認逮捕されたり、交通事故に遭うケースも存在します。

言葉も文化もシステムもわからない異国で、いきなりそうした重大事件に巻き込まれた際、自分の母国語を話してくれる弁護士が現れたら、なんと頼もしいと感じるか、想像できるのではないでしょうか。田中広太郎弁護士は、通訳人を介さずに、直接英語・スペイン語での対応が可能で、ポルトガル語を話す人の事件(以下、「」といいます。)も一部対応しています。

まさしく「国際法律事務所」との名前にに恥じない活躍をすべく、色々な面で経験を深め、スキルを付けているのが、この法律事務所だと言えるでしょう。これから特に多くの方が日本にやってくることを考えれば、多言語に対応できる弁護士はより一層必要となってきますし、田中広太郎弁護士の所属する品川国際法律事務所は、まさにこうした分野の先駆けといえる事務所です。

また、我が国では、外国人のみならず、LGBT(性的マイノリティ)の方たちの権利擁護が加速してきています。性的マイノリティであることを公にする人たちがますます増加する中で、そうした方たち独自の事件も多くなっていますし、不当な偏見と闘う必要も生じてきています。品川国際法律事務所事務所は、そうしたLGBTの方たちに対してのサポートも行っているのです。