中山マコト氏の人物像と活動内容

中山マコト氏という人物について知っている方も多いのではないでしょうか。彼は、様々な書籍を出版していて、主にビジネス書を出版しているのが特徴となっています。仕事自体は多岐に渡るものの、近年はマーケティングなどの事業に関するビジネスなども行っているのが特徴となっています。例えば、起業したい時、どの様にすれば良いのかまったくわからないという方もいます。そんな時、中山マコト氏は「理想の起業実現13ステップマニュアル」などを提供し、その上で誰もが起業しやすいようにサポートしているのです。

その他、「稼げるセールス文章完全習得マニュアル」や「イグニッションフレーズ獲得プログラム!」、「ドリームキャッチストーリー」「バカ売れセールス文章自動生成プログラムトリビアライティング」などを教材として提供しています。これらのように様々なマーケティング関連の情報提供を行っており、業界では屈指の人物として知られています。中山マコト氏が提供する情報は、切り口も面白く、なおかつ実用的なものが多いという特徴があります。それによって、多くの方がビジネスで成功し、彼のノウハウなどを参考にしたという実績も残っていくのです。

常に経営者や企業家などのことを考え、最適な言葉を使ってサポートするのが、彼の仕事とも言えます。もちろんその活動領域はとても広く、多くの方が安心してビジネスを行なえるようにしていることも彼の仕事だと言えるでしょう。今後、日本の経済はますます変わっていきます。その中で、的確なノウハウを提供しなければ、起業して失敗すると言う方も増えていきますし、経営に躓く方も増えていくでしょう。そうならないために、彼は様々な情報を提供しているのです。

中山マコト氏のキキダスマーケティングとは?サービス内容について

中山マコト氏は、マーケティングやビジネスノウハウに定評がある人物で、近年はキキダスマーケティングという商品で活躍しています。「訊き出す、効き出す、危機脱す!たった3日で売れ出す」をテーマに、それぞれの企業や会社を言葉でサポートしているのが、主な事業となっています。広告代理店やコンサルタントを使って成果が出ない企業を救うために、より具体的で重要な情報をまとめて提供するのが、主なサービスとなっています。彼は「バカ売れ」をキャッチコピーとしていて、4万部のベストセラーを始め、バカ売れシリーズ累計10万部を突破するなど、勢いに乗っている人物と言えます。

近年キキダスマーケティングは「小さな会社の味方」という立ち位置で、色々な企業をサポートしています。日本に溢れている中小企業の数は99%となっていて、そのほとんどが小さな会社に属します。また、近年はフリーランスで働く方なども増加してきたことによって、彼の活動範囲は広がりを見せています。もちろん、それに応じてキキダスマーケティングの活動領域も広がってきているのが特徴となっています。

いわゆるキキダスマーケティングとは、そんな彼が3000人以上のインタビュー経験から生み出した「バカ売れメソッド」なのです。実際に独自のノウハウを駆使して、売上アップや集客アップ、利益アップなどに繋がっているのも強みだと言えるでしょう。今後、無駄な費用や支出をして企業を経営していくスタイルは廃れていくはずです。キキダスマーケティングは、より無駄を省き、最適な経営に導くためのサービスなのです。彼自身、シンクロにストとして活動し、企業が間違った方向へ進まないようにサポートするのを仕事としています。

起業

中山マコト氏の企業の今後の展望について

中山マコト氏は、今後の日本経済に向けて、様々な活動を進めています。特に自身が出版している著書シリーズはもちろん、キキダスマーケティングなどのサービスを提供することで、日本の小さな企業をより大きく成長させていくことに注力しています。彼の個人事業主としての今後やサービスの展望としては、よりマクロな視点で企業をサポートしていくことです。企業がそれぞれ道に迷った時、寄り添って進むべき道を教えてあげると言えば、分かりやすいかもしれません。

彼が提供しているサービスは非常に幅広く、経営や起業のノウハウがみっちりと詰まったものとなっています。それを活用して行けば、企業が生き残るために必要なものも見えてくるはずです。近年は特に中小企業や零細企業の倒産が相次ぎ、路頭に迷っている人も大勢います。一見豊かに見える日本も、実はそういった方が沢山いるということを忘れてはなりません。だからこそ、中山マコト氏は小さな企業が安定した経営を行い、それによって働く人達の生活も守ることを考えているのです。

実際に、中小企業や零細企業の多くが、経営の仕方を間違えているといえ、それによって倒産に追い込まれてしまうことも多いのです。それらを徹底的に解析し、その上で最適な経営のマーケティングやノウハウを提供することで、中山マコト氏のキキダスマーケティングは社会貢献しているのです。無駄がまだまだ多い日本の小さな会社を守るため、今後はより活用しやすいマーケティングを考えていくと予測できます。

企画書

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。