阿野順一は真摯に向き合う弁護士です

阿野順一は、多くの人に信頼される弁護士として、活躍を続けています。弁護士法人アート総合法律事務所を開設して以降も依頼者のことを第一に考え、事務所を運営しています。
ネット社会の台頭により、さまざまな分野において、価値観が多様化する昨今においては、連日のようにいろいろな問題が発生しています。そんな中において、阿野順一は、弁護士としての卓越したスキルやノウハウ、豊富な経験をもとに、安心安全な暮らしをバックアップしているのです。
相続問題や交通事故、離婚問題、労働問題など弁護士事務所に寄せられる事案は実に多岐にわたります。そんな事案の一つ一つに真摯に向き合い、解決策を見いだしていくのが、弁護士の役割といえるでしょう。
弁護士に求められるのは、しっかりとした結果であることはいうまでもありません。派手なパフォーマンスや空虚な立ち振る舞いは何の意味もなさないといえます。依頼者の言葉に耳を傾け、誠心誠意を持ってさまざまな懸案事項に対峙することで信頼関係を築き上げていくのです。
グローバル化も進む昨今においては、今までにない新たな問題も生じており、過去の事例や常識、固定概念などに固執することで、根本的な解決が遅れるといったことも大いに考えられます。
法律の専門家である弁護士にとっても、その状況は変わりありません。常にゼロベースで考えることが必要です。
ビジネスマン2人組

高評価を受けている理由

阿野順一が、代表を務める弁護士法人アート総合法律事務所には、連日のように多くの相談が寄せられています。
高齢化社会を迎えている日本では、相続の問題が多くなってきています。相続については、残された遺族にとっても、切実な問題として取り扱われます。故人の所有する有価証券や土地、不動産などが多ければ多いほど、その分配の仕方や割合が難しくなるとされています。
本来は助け合うべき親族の関係性が、相続問題によって、大きな変化を余儀なくされるケースも多くあります。そんな事態を未然に防ぐためにも、専門家である弁護士の有用性があるといえます。
阿野順一も、依頼者一人一人によって異なる状況を的確に把握することで、事態打開に向けた方針を立てることにしています。
また、遺言書の作成についての相談にも積極的に応じており、具体的な書き方についての方法などについて、惜しみなくアドバイスをするなど、その懇切丁寧な仕事ぶりが、高評価を得ています。
さらには、交通事故に関する事案では、不安を抱えている依頼者に寄り添う姿勢を持って、保険会社や警察署などとの交渉に臨むことを心がけています。
交通事故の問題については、加害者被害者にかかわらず、細部にいたるまでにおいて、専門的知識が必要といえます。相手次第では、無知なことにより、泣き寝入りになるケースも多くあります。

ニーズに合わせた社会貢献

阿野順一は、現状には決して満足することなく、前進することに努めています。時代の変化とともに変わるニーズをとらえることによって、社会貢献をしています。
インターネットの急速な普及は、多くの人に利便性を提供することとともに、その危うさももたらしています。個人情報を含んだありとあらゆる情報が一瞬にして世界中を駆け巡るということを十分に念頭においた取り組みが必要といえるでしょう。
阿野順一は、現代社会におけるさまざまなリスク回避に向けて、取り組む必要性を人々に訴え続けています。同時に、身近な弁護士として人々に受け入れられるための努力を続けています。
現に弁護士法人アート総合法律事務所に在籍する弁護士はいずれも若い世代が多く、依頼者も相談しやすいとして、好評を博しています。加えて、顧問弁護士としての役割も担っており、法人からの信任も得ています。
サラリーマンの商談