東堂一義の所属する関西マツダとは

東堂一義が所属している関西マツダ。そもそもマツダは最近絶好調と言っても良いでしょう。かつてバブル期には多チャンネル化で少々迷走していた時期もありましたが、近年はマツダの車は国際的にもとてもレベルが高いです。CX-3やロードスターは海外からも賞を受賞している名車です。完成度もとても高い車をリリースしているのですが、そのマツダの関西の主役が関西マツダです。

東堂一義を代表に据え、大阪では新車販売拠点を45ヶ所、中古車販売拠点を22ヶ所も用意しています。新車や中古車の販売だけではなく、自動車の整備や点検、車検も行っており、更には鈑金塗装も行ってくれますし、レンタカー事業や自動車用品の販売、そして保険業務など自動車に関する様々なサポートを行っています。またお客様満足度のみならず、社員満足度をも高めるという東堂一義の考えの元で、社員たちが責任感を持って仕事に取り組んでいます。特に重視しているのは利益よりも地域に貢献出来る会社や店舗になりたいとの意志を持っている点です。

決して車を販売して利益を出すだけではなく、地域貢献も。東堂一義はこのような教えを社員に説いているのです。そして昨今問われているコンプライアンスも重視しています。関西マツダもマツダの一員です。マツダは日本国内のみならず、欧米でも自動車を販売し、高い評価を得ている企業です。もしも何かあれば国内のみならず、欧米での評判をも落としかねません。社員一同、国際企業としての自覚を持った行動を心がけているのです。特にマツダは近年、高級感が出てきていると評判ですが、それに見合った行動を心がけるよう社員一人一人が東堂一義の教えの元、責任感を持って仕事に取り組んでいるのです。

関西マツダのサービス

東堂一義が代表を務める関西マツダはエコへの取り組みにも力を入れています。自動車はとても便利なものですが、一方では排気ガスの問題もあります。特に昨今、エネルギー、環境問題が大きくクローズアップされるようになりました。自動車を販売する会社は自動車を販売するだけではなく、環境に対しての配慮まで求められる時代となっているのですが、東堂一義が代表を務める関西マツダは環境面への取り組みも積極的です。

エコアクション21への傘下や省エネルギー、省資源、廃棄物削減にも取り組んでいるのです。企業として利益を目指すのは当然ですが、利益のみならず環境面への取り組みも重視しているのです。エコアクション21とは、環境に関する法規制の順守だけでなく、省資源や省エネルギーを意識し、使用済み自動車の適正処理やリサイクルの推奨、更にはこれらを継続的に行うなど、一時的なものではなく継続性のある動きとして推進されている運動なのです。関西マツダは大阪を中心にこれらのエコ運動も展開しています。社会的な責任を背負った上で、お客様に自動車のサービスを提供する。これが関西マツダの姿勢なのです。

これらの姿勢は日本国内ではまだまだ特別感があるかもしれませんが、欧米において企業の環境への応対は日本以上に進んでいます。日本企業の中で比較するとマツダのこのような姿勢は特筆すべきものではありますが、欧米と比べると当然です。欧米でも活躍が顕著なマツダにとっては、これくらいは当たり前だと思っているでしょう。マツダは意識がとても高いです。関西マツダにもそのような考え方が浸透していますので、当然だと考えてこれらを行っているのです。

緑の電球

関西マツダとは

東堂一義が代表を務める関西マツダはアフターサービスも充実しています。消費者にとって自動車は購入して終わりではありません。その後も長い付き合いとなっていくものです。新車で購入すれば3年後には車検を受けなければなりませんし、カーライフ次第ではどうしてもいろいろな面倒を見てもらいたい時もあるでしょう。関西マツダとしても自動車のそのような特性は十分に理解していますので、販売して終わりではありません。

アフターサービスにも力を入れており、自動車販売を通して長い付き合いを、との考えを持っているのです。結果、関西マツダは利益以上に消費者から信頼を集めることに成功しています。これもまた、代表を務める東堂一義の考えでもあります。自動車のディーラーだからといって自動車を販売して終わりではなく、その後も付き合いを続けていくためにはどのような接客が良いのか。無理に売るのではなく、お客様に納得して購入してもらわなければならないと考えているのです。

納得して購入してもらった場合、その後も自分たちを頼ってくれるという消費者心理を理解していますので、関西マツダは購入して終わりになるのではなく、むしろ自動車を購入してからの方がより親身になって様々な面倒を見てくれる会社でもあるともいえるでしょう。自動車はいつ何が起きるか分からない物ですが、関西マツダとの付き合いがあれば、どのような状況になってもフォローしてくれるという安心感を持てるのです。

整備士の男性

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。