UTエイムは製造業を「イキイキ」とさせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

イキイキした「技能機動集団」

UTエイムは、資源に乏しい日本では「モノづくり」こそが強みを発揮できる分野であると考えています。日本においての製造業は国を支える核ともいえる産業です。しかし、中国や韓国をはじめとするアジア圏の国や、その他の人件費の安い国にそのシェアの多くを奪われてきました。競争の激しくなる製造業を支えるために、UTエイムは厳しい時代の中で設立されました。

それは「モノづくり」と人とを結びつけることはできないのだろうかという想いからのことでした。それまで製造業分野では、人材派遣会社に人員の補充を求めたとしても、生産性が向上しない上に離職率が高いことで悩んでいました。高いレベルの「モノづくり」を実現するには人の技術や経験が必要ですが、日本の製造業の現場は、これらが注視される体質ではありませんでした。

時給制で安い賃金だから生活が安定せず、そのため離職率が高くなり、スキルを得ることもできず、結果として生産性も上がらない。そして生産性が上がらないから人員の待遇改善を図ることができない。このような負のスパイラルが業界を通じて存在しており、日本の製造業を改革するためには従来型の人材派遣型アウトソーシングでは力不足でした。

そのためUTエイムでは「技能的機動集団」として新しい人材派遣サービスを提供するようになりました。習熟した専門技術者を多く集めるとこは業務の一括受注へと繋がり、企業の更なる発展を遂げる要因となったのです。これらの価値は広く認められJASDAQ上場を果たしました。それまではアウトソーシング業界では初の快挙です。現在は「製造分野で日本一の請負会社を目指す」ことを目標に、半導体製造分野以外への進出も視野に捉えています。

工場の人

社員一1人1人の「イキイキ」がこの会社の力

UTエイムでは、人と「モノづくり」をつなげるには、会社にとって人は主役でなければならないと考えています。社員一人ひとりが成長をすることで、現場で求められる必要な力となります。それは会社の原動力として必要な成長を促していきます。このような必要とされることが生み出す好循環こそが「はたらく力で、イキイキをつくる」ということです。派遣する社員を教育することで、より生産性の高い人材として育て、スキルアップに応じて昇給をするシステムはこのような考えから生まれました。

UTエイムが考える、「はたらく力」を身に着けるためには、社員の生活の安定は重要な課題です。安定した生活には安定した雇用が欠かせません。明日の生活に不安を抱いていては積極的には働けませんし、向上心をもって仕事に取り組むことも難しくなります。安定を持ってこそ人は未来への希望と向上心を持つことができるのです。そのため設立以来、正社員雇用の推進にこだわっています。

また、製造業の現場の期待に応えるためには優秀な社員の確保が求められてきます。そのためには積極的に人材を採用するだけでは足りません。長く働いてもらうことで優秀な社員を育て上げていくことが求められます。そのためには人事教育制度が充実している必要があり、評価・賃金・教育の3つの観点から考察する非常に明確な人事制度を採用しています。

まず全国に配置されている130名の社内キャリアパートナーが、社員ひとりひとりのキャリアパスを、個別面談を通して親身に考えていくキャリアパートナー制度、完全未経験から「エンジニア」を目指せるジョブチェンジ制度があります。ジョブチェンジ制度ではエンジニアになりたいという強い気持ちとやる気さえあれば、文系出身でも「設計開発エンジニア」「建築エンジニア」「システムエンジニア」といった分野にチャレンジする事が出来ます。その為の教育や資格取得の支援を、会社が全力でバックアップします。

はたらく力によって好循環を生みだし、イキイキとした生活を送ることこそがUTエイムの目指すものです。そのために様々な人を中心とした方針を打ち出してきました。その結果として、業界で他社を圧倒的に引き離した人員の定着率をほこっています。

イキイキ

品質の高いサービスで日本一を目指す

UTエイムでは品質の高いサービスを提供するために3つの柱として指針を設けています。それは規律・革新・連携です。何よりも人材派遣業においては法律が遵守されていなければなりません。そのためコンプライアンス教育の実施とともに、適正に請負業務が出来ているか点検がされています。このような手法で規律がはかられることで、安心して業務に専念のできる、社会から信頼される現場となります。

製造の現場は海外との競争にさらされているため、ただ漠然とモノを作っているだけで安心はできません。常に現場には革新が求められてるからです。製造現場を改善することを目的に製造業経験者・管理者を中心にチームを作成し、製造の問題点のあぶり出しやムダの排除をはかり、結果として高い請負比率を実現しています。

また協議会を開くなど依頼者との連携を図ることによって品質の向上を目指しますまたアウトソーシング分野においての量としてもトップを目指しています。高度なスキルを必要とする半導体製造分野でトップとなった経験は他のジャンルにおいても好評です。エレクトロニクスや環境分野、日本の基幹ともいえる自動車製造にもUTエイムは求められています。

そのサービス内容は多彩で請負・派遣モデルにとどまりません。インハウスソリューションや集約型請負を行うことで、雇用を確保したまま固定費削減やコスト競争力を高めることも、製造工程の集約を行うことも可能です。人材が成長する環境と職場における指針を合わせることと、一つのジャンルに留まらず成長を続けることによって、質・量ともに人材派遣・アウトソーシング業において日本一を目指す会社がUTエイムです。

質の高いサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です