株式会社スズコウ

神奈川県横浜市港北区にある株式会社スズコウは、フィルターバッグを収納するフィルターハウジングを専門に製造しているメーカーです。
そして製造のみならず、設計、販売、メンテナンスまで一貫して自社で行っています。このような体制のメーカーは、ごく僅かしか日本国内では存在していませんから、株式会社スズコウは貴重な存在だと言えます。

ヘルメットをかぶった3人

自社で設計からメンテナンスまで一貫して行っているメリット

自社で設計からメンテナンスまで一貫して行っているメリットは、中間マージンがかからないため、低価格であることです。
しかもフィルターハウジングを専門にしており、尚且つ、少数精鋭で事業に取り組んでいますので、他のメーカーよりも殊更低価格を実現しています。また、専門、少数精鋭だからこそ高品質、高サービスを提供できるというのも株式会社スズコウの特色だと言えます。
そのことは実績が証明しており、230社以上の水処理メーカー、及び、専門商社と取引があります。それに伴い、様々なタイプのフィルターハウジングを製造しています。
また、使用用途も多種にわたり、一般工業用、一般家庭用、原子力発電用、水力・火力発電用、工業油用、医薬品用、電子用、食品用、ミネラルウォーターボトリング用等、様々な用途に対応しています。

代表取締役は、2代目の鈴木伸一氏

株式会社スズコウの創立は昭和45年ですから、45年もの歴史を誇る老舗メーカーです。現在の代表取締役は、2代目の鈴木伸一氏です。まだ、50歳手前の若い代表取締役ですが、すでに現職に就いて10年もの期間が経っています。
また、先代の代表取締役は、現在も取締役として事業に携わっています。
鈴木伸一氏の経歴には、少しユニークな面があります。なぜなら、鈴木伸一氏は若い頃、二輪のロードレースの世界に身を置いていたからです。
何でも、レースで日本国内のサーキットを転戦していたそうです。

僅かコンマ1秒の違いで勝敗が決することもある二輪ロードレースの世界は、非常に過酷です。言い換えれば、非常に奥深い世界だとも言えます。二輪を趣味にしている人もいることでしょう。
そういった人にとって鈴木伸一氏の若い頃の話は、とても有意義な話となることでしょう。また、とりたてて二輪に馴染みがない人であっても、ロードーレースという最先端の世界の話は、興味深い話となるはずです。
直接、仕事とは関係のない話ですが、普段、聞くことができない話が聞けることは、生活に何かしらのプラスになることでしょう。
ちなみに鈴木伸一氏は、二輪ロードレースに注いでいた情熱を現在は仕事に注ぎ込み、今や仕事が趣味になっている状態だそうです。

バイク

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。