相模屋は子供や女性に優しいとうふを製造しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

相模屋の美味しく安全なとうふ

相模屋食料株式会社は群馬県前橋市に本社を構えているとうふをメインで取り扱っている会社です。

1951年10月に資本金8000万円から始めて本社の他にも群馬県に6社の工場を持っています。工場の他にも相模屋食料株式会社が製造したとうふを販売する為に複数の店舗があり、群馬県・東京都・宮城県・大阪府に4店舗あります。相模屋食料株式会社が今まで積み上げてきた実績が認められて、株式会社デイリートップ東日本・株式会社秀水・株式会社群糧の3つの会社がグループ会社として協力して食品の開発をしています。

相模屋食料株式会社は開発に開発を重ねて、とうふを製造するときに一番大切なスピードをあげることに成功したことで、美味しいとうふを製造することが可能になっています。

工場内は品質の安全のために衛生面には非常に敏感になっているので、美味しく安全なとうふを販売することができています。工場内には常に責任者が勤務していますが、責任者だけではなくて従業員1人1人が責任者のつもりで製造に関わっています。これによって、全ての従業員が自分の仕事に責任を持って取り組んでいます。

豆腐

お子様向け商品

相模屋食料株式会社は普通のとうふだけではなくて、お子さんにも喜ばれるとうふを製造しているので、お子さんの健康を考えています。
お子さんがとうふを食べやすいように一般的なとうふの味だけではなく、バナナ風味・ココア風味・いちご風味などの様々な風味のとうふがあり、普通のとうふに使われている卵・牛乳を使用していないので、牛乳アレルギーや卵アレルギーがあるお子さんでも安心して食べることができます。
しかし、このとうふは期間限定のプチとうふなので一定の期間しか購入することができません。
とうふが苦手なお子さんでもとうふで作った色々なスナック菓子も製造しているので、おやつ感覚で普段からとうふを食べることができます。

目で楽しめる商品もあります

普通のパックは同じとうふのみをパックにしていますが、相模屋食料株式会社では複数のとうふを1つのパックにして販売しています。
そのため、1パック購入すると3種類のとうふを食べることが可能です。
パックの中にはキティちゃん4パックがありますが、パックからとうふを取り出すとキティちゃんの顔が出てきます。
キティちゃんが現れるので小さなお子さんも喜んでとうふを食べることが出来るので、毎日とうふを食べたがるお子さんが増えています。
小さい頃からとうふを食べることで十分な栄養を取ることが可能になっています。

キティちゃんとうふ

相模屋のコラボ商品

相模屋食料株式会社は様々なコラボしていますが、機動戦士ガンダムともコラボをしています。
面白いとうふを作ることをモットーにしてザクとうふを製造することに成功してザクの頭の部分をとうふで作られています。
ザクとうふはデザート使用の商品もあり、バニラ風味のとうふが完成しましたが、このように色々な面白いとうふを作っています。

ザクとうふ商品

大豆は健康や美容で注目!女性向け商品も

相模屋食料株式会社は女性にも食べやすいとうふの製造に力を入れていますが、食べるだけで健康的になれるとうふを製造しています。
健康的になれるように大豆のみを使って製造したとうふもあります。女性でも食べやすいようにかぼちゃ風味・パンプキン風味・チョコレート味などの様々な風味のとうふがあるので、毎日食べても飽きることがないとうふの製造に非常に強く力を入れています。

とうふ本来の味を出すために料亭の菊乃井とコラボすることが実現しています。
菊乃井シリーズのとうふでは高台寺とうふが一番代表的なとうふですが、その他にも様々な菊乃井シリーズがあります。
菊乃井は非常に有名な料亭なので、菊乃井とコラボすることによって他の企業やお客さんからも大変に信頼されています。

健康的な女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です