大潟村同友会は安全でおいしいお米を全国にお届けしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

大潟村同友会とは?

大潟村同友会は、「丹精込めて作ったお米を直接お客様へお届けしたい」という思いから、1988年に23戸の生産農家が集まり、秋田県南秋田郡大潟村にて設立されました。大潟村とは、かつて日本で「第二の湖」と言われた八郎潟を干拓して生まれた新しい村のことで、日本離れした広大な大地には開拓当時、全国から意欲のある農業人が集結したと言われています。

大潟村同友会では事業を行う上で、より高い目標の米作りを目指し、徹底した品質管理、農薬の使用回数と化学肥料を制限することで、全国の消費者に安全で美味しいお米を産地直送で提供してきました。大潟村同友会 代表の渡辺正行氏は“毎日食べるものだから安全でおいしいお米にこだわり続けていきたい”という理念のもと、日々、改善を繰り返しながら、おいしいお米づくりに挑戦しています。

今回は、大潟村同友会が米作りにおいて、大切にしている“こだわり“について解説していきます。

稲

大潟村同友会のこだわり

①高い品質や安全性

大潟村同友会の生産農家には、お米の高い品質や安全性を保持する為に栽培義務が設けてあります。そのひとつが、大潟村同友会が開発した「速効性米糠発酵肥料」の使用です。「速効性米糠発酵肥料」とは、米ぬかを発酵させて作った肥料のことで、お米の品質や食味などを向上させる効果があります。

この「速効性米糠発酵肥料」が開発された経緯として、大潟村同友会の生産農家が、作物の肥料として総合的な栄養バランスをもつ “米ぬか“に目をつけ、大潟村同友会と、肥料の関連会社である「株式会社ゆうき」の開発研究者の協力を得て、純大潟村産の高品質な肥料を生み出すことに成功したのです。

この「速効性米糠発酵肥料」を使用するメリットとして、玄米を精米する時に必ずでる”米ぬか”を有効利用でき、その”米ぬか”自体が大潟村同友会の米作りにおいて出た副産物でもあるので、原料の素性を理解し、安全に肥料を作成できるというところです。大潟村同友会で生産されるお米が高品質で安全な理由は、この「速効性米糠発酵肥料」を使用することで実現できたと言えるでしょう。

高品質の米

②農薬や化学肥料が半分以下の使用

大潟村同友会の米作りでは、一般的な栽培方法より農薬の使用回数と化学肥料を秋田県の基準の半分に減らしているという特徴があります。何故かというと、農薬を制限すれば、米の味を美味しくすることができるからです。ただし収穫量が減るというデメリットもあります。

大潟村同友会では、消費者に美味しいお米を届けることを使命としているので、生産量より、お米の味を重視しています。まさに、「丹精込めて作ったお米を直接お客様へお届けしたい」という思いがあるからこそできる米作りだと言えるでしょう。

おいしい米

「あきたこまち」がウェブで簡単注文できる!

大潟村同友会が全国各地へ届けているお米は、ウェブから簡単に注文できます。主に<ねばりまさり>、<こまちのゆめ>、<復刻こまち>の3種類の品種を取り扱っており、おこわや赤飯を楽しみたいという方には、もち米に近い粘りが特徴の<ねばりまさり>、おにぎりやお弁当を持ち歩く事が多い方には、冷めても硬くなりにくい<こまちのゆめ>、色々な料理にあわせたいと思っている方には、「あきたこまちの原点」とも言える適度な粘りが特徴的な<復刻こまち>がオススメです。

それぞれ1~5キロの容量で販売されており、はじめて大潟村同友会のお米を注文する方には、お試しセットが用意されています。お試しセットでは、胚芽米の他に好きなお米を1kgずつ、2種類選択して注文できます。胚芽米は、栄養分が白米よりも多い事でも注目を集める商品です。玄米の栄養分の高さは知られていますが、その硬さが苦手な方は多いようです。

そこで、玄米の硬さの原因となるぬか層を専用の精米機を用いて取り除く事で、柔らかく甘みもありながら栄養分が豊富な胚芽米が作られました。また、玄米派の方には、玄米を少しだけ発芽させる事で、甘みや柔らかさを増した発芽玄米が用意されています。

発芽玄米は、炊飯器で白米と同じ様に炊く事ができますし、栄養分は玄米を上回っています。さらに、健康促進効果が高い紫黒米も用意されています。紫黒米はもち米の1種で、豊富な栄養素が含まれており、白米と一緒に炊く事も可能です。

これらの商品は生産者が丹精を込めて作っており、全国どこへでも産地直送の安全でおいしいお米を届けてくれます。安全でありながら、おいしいお米に興味がある方は、ぜひ1度大潟村で生産された産地直送のお米を味わってみましょう。生産者の顔が見える安心のお米を楽しむ事が可能です。

白米

大潟村同友会(公式HP)

http://www.okome.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です