株式会社ウォーターエージェンシーは水循環の構築と水マネジメントを促進しています!

株式会社ウォーターエージェンシーは、戦後復興期の衛生環境の改善を目的に「社団法人東京都保健協会」として1953年に設立。
主な事業内容は、公共インフラである上下水道施設の運転管理で、効率的な管理を実現するオペレーションシステムの設計や開発、工業薬品の調達や上下水道管渠の調査・補修工事など水マネジメントに関わるあらゆる分野にわたります。

1957年には、水処理管理事業を分離し「東京保健事業株式会社」として独立しました。事業の拡大とともに1970年には「日本ヘルス工業株式会社」へと社名を変更。さらに2011年の「株式会社ウォーターエージェンシー」への社名変更を経て現在に至ります。資本金は2億円を超え、平成27年度には年商570億円を計上している大企業です。

社員数は3000名以上を数え東京都新宿区に本社を置くほか、全国に拠点を有しており、埼玉県と大阪府には研究所も置いています。

古参の浄水器メーカーでもあり、浄水器の製造・販売に加え、近年ではオゾン水生成器の開発なども行っています。

株式会社ウォーターエージェンシーの代表取締役社長を務めるのは榊原秀明氏です。公式ホームページでも榊原社長のメッセージを閲覧することができます。

「水によって地域の生活を守り将来につなげていく」という考え方のもと、国内外における水循環の構築に積極的に貢献していく姿勢を打ち出しています。

日本の上下水道は高度に発展し、世界でも例のない高品質な水質が確保されています。

その多くは高度経済成長期に急速に整備されたもので、それらの施設の更新や維持・運営には膨大な予算が必要となります。

一方、節水や人口減少に伴う水の使用量の漸減などにより、上下水道の収入は減少傾向にあり、施設更新に要する費用が地方財政を圧迫するケースも散見されます。

最小の費用で最大限の効果を得ることができる同社の水マネジメントシステムは、これからのニーズに合致した分野と言えるでしょう。

会社と全従業員が環境保全を促進し社会貢献!

 株式会社ウォーターエージェンシーは、地域生活を支える公共インフラである上下水道施設の運転管理を主な業務としています。

 そのほかにも地域社会の振興に寄与する様々な取り組みを展開しています。

 CSR活動の一環として、各地の清掃活動に参加しているほか、施設巡回時には地域の防犯活動を支援、そのほか、駅伝大会や防災フェアなどのイベントへの協賛など、地域に密着した活動も行なっています。

 また、環境マネジメントに関する国際規格であるISO14001の認証を取得しており、「全従業員が環境保全活動に積極的に関わり、継続的な努力をすることで地球環境への負荷を軽減させる」という基本理念の下、社内における省エネや省資源化につながる環境対策や、富士山における自然保護のための植樹活動や各地の河川保全活動にも参加するなど、地球環境保全への貢献を全社的に推進しています。

 さらに、災害時には管理する施設の機能維持や早期復旧だけでなく、地域の給水活動の支援や支援物資の提供などを行なってきました。近年では、2011年3月11日に発生した東日本大震災において、延べ200名を超える技術スタッフによる施設の早期復旧や被災地における給水活動の実施。

 燃料、食料、衣料、医薬品など、全国に広がるネットワークを駆使して様々な支援物資を集めて被災地に運搬して、長期にわたる支援活動を続け、多くの団体から感謝状が贈られています。

 2016年4月の熊本地震では、迅速な対応により施設への被害を最小限に抑えたほか、断水地域への給水活動やウォーターボトルの提供などの支援活動も行ないました。

豊富な実績とノウハウを持つ”水”のスペシャリスト!

マネジメントによって循環しているイメージ

 株式会社ウォーターエージェンシーでは、提供する水の運営管理手法を「水マネジメント」呼んでいます。

 半世紀以上にわたって行なってきた、1200カ所を超える上下水道施設の運転管理において蓄積したノウハウとデータをもとに、ICT、IoTなどの最新技術も活用し、それぞれの施設に最適な運営手法を提案しています。

 中でも、独自に開発したシステムを管理ツールとして展開しています。各種センサーから取得したデータをもとに、最適な水処理を自動で制御する「水質自動制御システム」や、振動や温度などの情報をもとに異常の早期発見、対応を実現する「状態監視システム」などは、上下水道分野において例のないシステムであり、安定的な施設運営に加えて省エネや省コストにつながるツールとして注目されています。

 さらに、水のスペシャリストとして業務品質を保つための仕組みの導入も進めています。「とことん見える化」と呼ばれる取り組みで、作業時に装着可能な小型カメラを利用して、設備の点検や修繕など様々な業務を“見える化”することで、顧客からの信頼の向上を図り、同時に社内での技術継承にもつなげていきます。また、水質自動制御システムのデータをリアルタイムで公開可能な「水質モニター」などの取り組みも進めています。同社では、上下水道の運転管理におけるトップ企業としての誇りと高いプロ意識の下、さらなる業務品質の向上に努めています。

 そのほか、福利厚生も充実しており、共済制度や出産・育児および介護に関する制度も整っています。社員が適度にリフレッシュして、新たな気持ちで業務に向き合うための休暇制度や、全国の宿泊施設やレジャー施設などを格安で利用できる会員制度への加入も行なっています。

企業概要

商号
株式会社ウォーターエージェンシー(公式サイト)
所在地
〒162-0813 東京都新宿区東五軒町3-25
代表
榊原 秀明
資本金
2億円
社員数
3013名
事業内容
  • 水マネジメント
  • 水オペレーションシステムの設計・開発
  • 水処理プラントの再構築
  • 上下水道管渠調査、診断・補修工事
  • 工業薬品の開発・選定・販売
  • 浄水器の製造・販売
  • オゾン水生成器の製造・販売
業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。