一般社団法人地震予兆研究センターと八木下重義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

地震予兆の情報と迅速な対応

一般社団法人地震予兆研究センターは、地震発生前において様々なデータの研究をしています。
センター長である八木下重義管理のもと、地殻変動や潮位変化、地震情報などの収集精度を高めることによって、従来の「地震予知」から「地震予兆情報」を発表することを目標にしています。そんな目標を実現化させることで、大地震発生前に素早く情報を知らせることができるのです。

「地震大国日本」と言われているのにもかかわらず、日本では短期地震予知を発表する体制が整っていないのが現実で、予測が外れた場合には社会的にも影響が大きくなることは否めません。
八木下重義率いる一般社団法人地震予兆研究センターでは、阪神淡路大震災や東日本大震災など、日本に大きな被害をもたらした地震災害をもとに、観測データの研究や統合活用を推進し、国家や国民の生命財産を守ることに尽力し、貢献する組織となっています。
大地震が発生する予兆が解析された場合には、迅速に企業や団体、自治体などに伝達します。
迅速かつ正確な情報を伝えることにより、素早い避難を促すことが可能になりますし、かけがえのない命を守るために、適切な事前対応もしているといいます。

大震災ともなれば、日本経済や日本国民に与える被害は甚大です。
災害の発生は自然現象ですから、止めることはできません。しかし、被害を最小限に抑えることはできるのではないでしょうか。一般社団法人地震予兆研究センターは、そんな地震被害を最小限に抑える役割を果たすことを目的に活動しているのです。
迅速な対応と正確な情報の伝達が、今の「地震大国日本」に求められているものではないでしょうか。被害が甚大になる前の対策を事前に準備しておくことで、日本国民が安心して暮らせる国になるのです。

地震で揺れる家

センター長の八木下重義

一般社団法人地震予兆研究センターの八木下重義は2013年2月1日から約3年間「地震予兆解析レポート」毎週月曜日に遅延なく、高い的中率で配信しています。一般社団法人地震予兆研究センターのセンター長の他、人工衛星のデータ解析者でもあります。そして、国際特許を取得している科学者でもあるのです。

八木下重義のレポートには定評があり、SNSなどでも情報を発信しています。
レポートには、分かりやすく地震の予兆情報が写真で掲載されており、細かい地域までマーキングされていて、初心者でもわかりやすいと評判を得ています。そして、レポートの情報も正確であることがほとんどで、センター長であるその腕前が証明されています。
レポートでは、地震予兆解析による様々な写真が掲載されてありますが、地殻変動の方向に変化があらわれると「注意してみてください」だったり「心配することはありません」など、閲覧者に向けて今後の対策を促しています。
また、大地震が来る前には、1~6ヶ月くらい前から、いつもとは異なる大きな地殻変動が見られることから、地殻変動に細心の注意を払って居ることが分かります。地殻変動は地震との相関性があるため、閲覧者に向けて心構えの情報として伝えているのです。

こうした情報を見たり聞いたりすることで、大地震への事前対策を講じることができますし「八木下重義さんが言ってた日時に地震がくるかもしれない」という心構えを持つことで、地震への恐怖や不安を軽減することができるのではないでしょうか。地震はいつ来るかわからないので忘れがちになってしまいますが、こういった情報をもとに再認識し、避難場所などを再度確認することが大切なのです。

日本地図

正確な情報の伝達を

一般社団法人地震予兆研究センターは、事前の情報を発信することで、被害の軽減や減災を目的にしている研究機関となっています。日本人の生命や財産を守るために必要な研究機関なのです。
八木下重義センター長のもと、自然災害では施設や生産現場、商業施設など、日本の経済を担っている拠点を中心に情報提供しています。日本の経済を回すためには、なくてはならない拠点であるため、二次被害を防ぐ必要があるからです。

現在では、東京都心のビルや施設は、震度6や7でも支障のないほど高い耐震性を持っていますが、耐震性が高いだけでは事業の継続は困難です。そのため、事前の情報を活用することが非常に重要となってくるのです。一般社団法人地震予兆研究センターから事前の情報を受けた企業では、災害が発生した場合のマニュアルを再検討したり、関係企業各所との連携を確認するなど、被害を最小限に食い止める方法はたくさんあります。

その他、日本では今でも多くの「地震にまつわる虚偽の情報」が流れています。
「東海でマグニチュード9.2の地震が発生する」「富士山が噴火する」「3月末までに南海トラフ大地震が発生する」などというデマが流れているのです。センター長である八木下重義は「そのような予兆はない」「捉えていない」といいます。
このようなデマが社会を混乱させ、人々を不安にさせてしまうのです。
一般社団法人地震予兆研究センターでは、正しい情報のみを、正確に配信していくことを目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です