はじめに

日本の歯科医院の数は、コンビニエンスストアの数より多いということをご存知でしょうか。
それだけたくさんの歯科医院があると、どうやって歯科医院を選んだらいいのか、悩んでしまいますよね。

歯は、失ってはじめてその大切さを実感するものです。
若い時には自分の歯の大切さに気付くことがなく、適当に選んだ歯医者にかかっている人も多いことでしょう。
しかしやがて年を取り、歯を失ってまともに噛めなくなったときにはその適当な選択を後悔することになりかねません。

良い歯科医院選びの基準として、「丁寧に根気よく治療をしてくれること」そして「コミュニケーションが取れていて患者と情報を共有していること」があります。

例えば、虫歯が進行して歯の神経にまで達した場合に行われる根管治療ですが、難易度が高く手間と時間がかかります。しかしその割に保険点数がとても低いので、状態が悪いと判断して保険点数の高い抜歯という選択をする歯科医もいます。

大切な歯を守るためには、丁寧に根気よく治療をしてくれる歯科医院を選ぶのがポイントとなります。

また、患者自身が自分の歯の状態を把握しておらず、歯科医師任せで治療されているということも少なくありません。
昔の歯科医師は、一般の人に話してもわからないと考える人も多く患者とのコミュニケーションはほとんどありませんでした。そのため患者は今自分がされている治療について何もわからず、不安な気持ちを抱えたまま何度も歯科医院へ通っていたのです。

しかし、現代では患者とのコミュニケーションは歯科医院選びのポイントになっています。
自分の歯がどのような状態なのか、これからどんな治療をするのか、治療期間はどのくらいかかるのかといったことを説明しない歯科医のいる歯科医院は避けたほうが無難といえるでしょう。

今回は、こうした「良い歯科医院選びの基準」をすべてクリアーし、さらに期待以上の知識・技術を持つ歯科医師が経営する「こすが歯科医院」をご紹介してまいります。

こすが歯科医院とは?

こすが歯科医院
こすが歯科医院は、患者との情報の共有を大切にしています。

日本でも近年重要視されるようになりましたが、海外では医療機関での「インフォームド・コンセント」は以前から当然のことでした。
インフォームド・コンセントとは、正しい情報を伝えた上での患者の合意のことをいいます。「説明、納得、同意」というのが基本的な流れで、患者自身が同意してはじめて治療が開始されます。

こすが歯科医院ではこのインフォームド・コンセントの「説明、納得、同意」に加え、「確認、把握、共有」をモットーにしています。
患者が自分の問題を確認、把握できるよう歯科医が説明し、その問題を共有した上でプロの立場から治療についてのアドバイスを行います。

また、同医院では、いい意味での「本当に普通の歯科医院」を志しているといいます。どういうことかといいますと、何かに特化した治療を行うのではなく、オールマイティに治療を提供していきたいと考えているのです。
スタンダードを追求し、出来るものと出来ないものを明確にしながら症状に合わせ保険の治療、自費の治療を提供し、基本に忠実な治療を行っています。

特別な治療に特化した歯科医院ではなくオールマイティに治療を行うということは、歯科医としての知識・技術を全般的に磨き続ける必要があります。
地域の患者だけではなく遠方からの患者が4割程度もいるというのは、こすが歯科医院の歯科医師が持つ知識・技術が多くの患者に認められているということに他なりません。

急性症状ではない限り、いきなり歯を削るということはないという同医院では、治療速度を重視するのではなく、急がず確実に治療することを重視しています。

それでは、こすが歯科医院の院長先生にお話をうかがってまいりましょう。

こすが歯科医院が大事にしている事とは?直接インタビュー!

「診療」を行う上で、”基礎に忠実”である事を大事にされるに至ったきっかけなどありましたら、教えていただいてもよろしいでしょうか。

きっかけは、修業時代に言われたいくつもの”言葉”でした。「下手糞がいくら言い訳をしても下手なまま。下手で迷惑するのは、君ではない。患者です。」、「知っていますか、下手糞は出来ない理由を見つける天才です。出来る道を探す苦労より、出来ない言い分は無限になります。ところで、そんな意識で誰が幸せになれますか。」、「一日1ページ教科書を読んで1年たつと365ページです。それを10年続ければ3650ページです。今から始めた君と、気が付いて慌てて10年後に始める君。どちらが確実になれると思いますか?」、「読んで理解したと思うなんておこがましいですよ。私たちの仕事は手が覚えて理解したと言えるのです。その教科書通り、手が動いていなければ寂しいですが理解したと言えません。」「先生、学術と学問の意味合いを勘違いしていませんか。学問をおろそかにして良いとは一言も言っていません。自然科学に生きている意味を謙虚に考えませんか。」これらの言葉に納得して素直に行動し続けているだけです。

「治療」を受けにくる患者様は、どのようなお客様が多いですか?

よそでどうにもならないという患者様が多いです。色々な所が痛い。噛むという具合がどうにも不具合を感じるといった方が多い印象ですね。

貴院が「治療」を施す際、特にお客様に伝えていることなどありましたら教えください。

情報の共有。病態を報告して一緒に考える。このスタイルを大事にしています。

「治療」を受けられた患者様の口コミを下記に2つほど記載してください。

身体がおかしくて、歯とどうも関係がありそうだので、診てもらう事にしました。ここでは適宜治療を進めてくれ、何時までかかるのかという感覚よりも、何をすべきだからこれぐらい必要と明確に情報を提供するよう心がけてくれるので、安心して治療を受けることができました。

まとめ

20年前の歯医者さんといえば、来院した患者の口を開けて歯の状態を調べ、治療方法を歯科医が勝手に決めて進めていくというスタイルがスタンダードでした。
そのため、患者側は今自分がどのような治療を受けているのかまったく理解できず、不安を抱えたまま通い続けるしかなかったのです。

しかし、今はそのような歯科医院は選ばれない状況になっています。通常の医療同様、歯科医院でもインフォームド・コンセントが当然になり、患者とのコミュニケーションは欠かせないものになっているのですね。

こすが歯科医院がオールマイティな治療を行い、「『本当に普通の歯科医院』を志しています」と言えるのも、歯科医師の知識・技術、そして患者に対するコミュニケーション能力が高いためなのだと感じました。

コンビニの数より多いという歯科医院から自分が治療を受ける歯医者を選ぶ際には、そうした姿勢を持つ歯科医師のいる歯科医院を選ぶべきですね。
こすが歯科医院には、他の歯科医院に通っていてどうしようもなくなった患者も多く来院するというのもうなずけると思います。

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。