DSP市場を開拓し牽引し続けるパイオニア的存在

株式会社フリークアウトは、ビッグデータの分析などにより広告主が発信するオンライン広告(DSP広告など)の効果を最大限に発揮できるよう支援する、2010年11月に設立されたデマンドサイドプラットフォーム(以下、DSP)の提供会社です。

株式会社フリークアウトは2011年1月に日本で初めて、広告枠を1回表示する度に自動買付けする判断ができるDSP「FreakOut!」をリリースするなど、日本におけるDSPのパイオニア的存在といえます。

株式会社フリークアウトの本社は東京にありますが、2012年4月にはアメリカに、2013年10月にシンガポールに子会社を設立するなど海外進出も進めており、1回の広告表示(1インプレッション)に対して入札し、最も高い入札者が発信する広告がそのターゲットユーザーへ表示される仕組みであるRTB(リアルタイムビッディング)市場を世界で開拓し牽引し続けています。

会社名はアメリカ出身の作曲家・ミュージシャンであるフランク・ザッパのファーストアルバムからきており、そのため社内には楽器だけでなく、ライブステージ、DJスペースまであるなど、社内において音楽があふれており、ランチ無料、ドリンク無料、お菓子無料など、福利厚生の一環としてオリジナリティのある面白い社内制度があふれています。

FREEのタグ

広告システム導入だけではない幅広い支援

株式会社フリークアウトは、単なるシステム導入だけを推し進めているのではありません。オリジナルの広告システムを魅力として、オンラインからオフラインまで幅広いデータを活用し、多様な配信ロジックにより「サービスやブランド、会社名を知ってもらいたい」という認知の獲得から受注獲得、CRMなどによるリピーターの確保など、クライアントのターゲットとのコミュニケーションにおける課題提起、解決策の実施などを行い、クライアントの「大満足」のプロデュースから新たな目標のご提案までを一社で完結しています。

株式会社フリークアウトが開発したフルスタックマーケティングプラットフォームにより、パソコンやスマートフォン、モバイルなどの様々なデバイスだけでなく、オフラインまで、文字通り全てのチャネルを1つのデータプラットフォームで繋ぎ、集めたデータの資産化や分析、活用まで全てを管理することが可能です。

他にもメディアデータの活用による新たな広告商品の共同開発、メディアトラフィックの収益化支援などといったソリューションの提供や、大規模なイベントを主催する、多店鋪ビジネス展開するといったクライアントの集客に関する課題解決の支援など、あらゆるマーケティング課題解決の支援をしています。

また、株式会社フリークアウトはDSPのパイオニア的存在としてクライアント独自の DSP システムブランドの構築の支援も行っています。

ネットワークイメージ

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。