エビス紙料株式会社とは

エビス紙料は、廃棄物再生および再資源化の事業展開を行う株式会社です。
循環型社会の構築を目指し、環境保全に貢献する会社として地域社会における評価を得られるよう努めています。
基本方針は環境問題を最重要経営課題のひとつとして捉え、「廃棄物リサイクルの推進」および「顧客満足の向上」を目標に据え、社員の健康的な生活を守りつつも社会の発展に寄与することです。環境問題は国内だけでなく全世界での課題になっている昨今において、同社の立ち位置は先進的な存在であるといえます。

同社の強みである取り組みといえば「地域融和」。廃棄物を取り扱い、それを循環させる事業を進める上では、工場での操業が大きなポイントになってきます。方法をひとつ間違えば、ある種相反する事業になりかねません。
しかし同社が抱える工場(四国工場・愛媛工場・リサイクルセンター・エコテック三木工場・エコテック四国工場)のうち愛媛工場とリサイクルセンターは、工場団地における規定条件を満たしており、その安全性は保障済。愛媛工場に関しては「環境保全に関する協定書」を自治体と交わしています。工場が立地するそれぞれの地域においては、行事等に協力し住民とのコミュニケーションも重要視しているほど。
これが同社の地域融和であり、リサイクル事業や環境保全にあたって、非常に意味のある取り組みとなっています。

じつは昭和36年に創業された歴史ある企業であるエビス紙料ですが、長らく続けてきた背景には以上のような環境と地域に密着する真摯な対応が隠されているのかもしれません。
ちなみに四国工場と愛媛工場は、希望次第でいつでも見学可能です。もし興味があるならば、取り組みと実際の作業内容をみておくと、より同社のことを理解できることでしょう。

緑葉

エビス紙料の資源リサイクル事業

エビス紙料の資源リサイクルは、ひと口にリサイクル事業といっても多岐にわたります。
大まかには産業廃棄物(廃プラ・紙くず・古紙・木くず・繊維くず)をリサイクル(反毛・粉砕・RRF化・再ペレット化)して売却する流れです。売却先としては、自動車の内装材料になったり、再生紙になったり、工場の発電・燃料になったりと、こちらもさまざまな用途で使われています。

RPF(固形燃料)化

まず「RPF(固形燃料)化」について触れてみましょう。
RPFとは、Refuse Paper & Plastics fuelの頭文字をとった略称であり、廃古紙や廃プラスチックなどを主原料とする固形燃料のことです。発熱量と貯蔵性に優れ、さらにはコスト削減とCO2削減効果もあるとして、エコ社会が望まれる昨今では大変注目されています。
国内における1次エネルギーの8割は化石燃料によってつくられていることもあり、代替品である同社のRPFは大手製紙会社をはじめとした幅広い産業で用いられています。RPFが製造されるまでのラインは比較的単純であり、廃古紙や廃プラスチックなどを粉砕機にかけ、定量供給機という機械を用いて容積します。続いて容積したそれぞれをブランドし成形機にかければ、RPFの製造は完了です。

不織布のリサイクル

次は不織布のリサイクルについてです。
不織布とは織らない布状のもののことで、通気性や保湿性に優れていることから衣料から工業品まで多様な使い道があります。同社が古くから取り組んでいるリサイクルのひとつであり、長年積み重ねられてきたノウハウに基づいた技術は業界でも屈指。おもに四国工場でリサイクルされ、反毛であれば綿に、粉砕すれば特殊用途に、圧縮なら別工場にて再生されます。日常生活で使用している何らかの製品は、元を辿ればもしかすると同社のリサイクルからはじまっているかもしれません。

製紙原料および古紙のリサイクル

エビス紙料のリサイクル事業は前項だけにとどまりません。
たとえば、不織布のリサイクルと同様に、創業以来のノウハウが蓄積された製紙原料および古紙のリサイクルがあります。
日本の同リサイクル技術は世界でも高いレベルにあるといわれるなか、その先端を担っているのが同社でもあるとされ、昨今はさらなる発展を目指して技術向上に努めているようです。再生までは四国工場で分別、圧縮、保管といった作業がなされ、そのあとに各製紙会社に送られます。

リサイクルを表すイラスト

その他のリサイクル事業

またプラスチック再生ペレットも同社が誇るリサイクル技術のひとつ。
とりわけ先述した工場のうち、エコテック三木工場での再生ペレットは全国的にも非常に高い評価を受けています。
その製造工程は、おもに3パターンあり、ひとつはエコテックでの再生ペレット製造、続いて再生協力会社での再商品化、もうひとつはリサイクルセンター愛媛工場でのRPF製造です。
エコテックの製造過程にフォーカスを当てると、はじめに集められた素材を選別し粉砕。粉砕した素材を加熱して溶かした上、押し出し機によってトコロテンのように押し出します。最後にペレタイザーという機械によって加工し再生ペレットになるのです。一見するととても簡単な作業にみえますが、実際には高度な技術とノウハウを必要とする大変なもの。それを実現している同社の技術力は、世界を見渡しても数少ない部類になるでしょう。

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。