メンタルケア協会と精神対話士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

メンタルケア協会の概要

メンタルケア協会という団体について知っていただくために、ここでは団体の概要についてご紹介しましょう。メンタルケア協会は一般財団法人としてさまざまな活動を行っている団体です。メンタルケア協会は最近になって設立された団体ではありません。1993年に設立された歴史のある団体ですし、これまで長きに渡ってさまざまな事業、活動を行ってきた実績もあります。

主な事業内容をご紹介すると、心の問題に関するリサーチや研究、心の問題に対する講習会、精神対話士の認定や派遣などを行っています。内閣府の認定を受けている団体で、慶應義塾大学医学部出身の医師たちによって設立されたという経緯もあります。メンタルケア協会の会長は東京大学医学部を卒業し医学博士の肩書も持っている方で、これまでに日本の医学界において多大な貢献をしてきた人物でもあります。

同協会は東京都の渋谷区に本拠を構えており、日常的にさまざまな活動を行っています。また、メンタルケアのエキスパートである証となる精神対話士の資格試験を行っている団体としても知られていますし、近年全国でこの精神対話士という資格に改めて注目が集まっています。メンタルケア協会についてご紹介しました。同団体の顧問には東京大学の養老孟司氏も名を連ねていますし、そもそも慶應義塾大学医学部出身の医師によって設立された団体ですから信頼性という部分ではまったく問題ないでしょう。

メンタルケア

精神対話士について

ここでは同協会が主催している精神対話士の資格についてご紹介したいと思います。精神対話士はメンタルケア協会の登録商標となっており、同協会が主催する資格試験でしか資格を取得することができません。そもそも精神対話士とはいったい何なのか、という方も多いと思いますが、精神対話士は治療する目線ではなくて支える目線で対話し、精神的なサポートを行う専門職となります。

カウンセラーと似ていると感じた方もいるかもしれませんが、精神対話士はよりクライアントの心に寄り添って精神サポートを行います。精神対話士の資格を取得するには先ほども言ったようにメンタルケア協会が主催する資格試験に合格する必要があります。同協会が開催するメンタルケア・スペシャリスト養成講座をまず修了し、精神対話士の選考試験に合格することができれば資格を取得することができるのです。

今の殺伐とした世の中においては心の安らぎを求めている方はたくさんいますし、誰かに支えてもらいたいと考えている方は大勢います。そのような方たちの支えとなることも精神対話士なら可能ですし、近年では精神対話士になりたいという方も増加傾向にあります。誰しも精神的な安らぎを求めていますし、悩みを打ち明けたい、支えてもらいたいという気持ちを抱えている方もいるでしょう。精神対話士ならそれが可能となりますし、精神に寄り添った対話を行うことで多くの人を救うことも可能となるでしょう。興味のある方は受験を検討してみるといいかもしれません。

平成5年9月以前までは、心のケアを行う担い手が不足していました。そこで、慶應義塾大学の医学部出身の医師たちが中心となって、メンタルケアを必要とする人の支援を実践することを目的とした財団法人メンタルケア協会を設立しました。これが、精神対話士の誕生となります。

精神対話士は、心のケアを行うことを目的とする仕事となります。この資格の確立のきっかけは、対話の持つ力に着目したことになります。人は自分自身で抱えこんでしまっている悩みを第三者に聞いてもらうと、気持ちがすっきりして楽になります。また、「そうだったんですか。辛かったでしょう?」と共感してもらいながら対話をする事は、自分の気持ちをもう一度見つめられるようになって、心の整理ができることで問題解決につながることになります。これがこの資格の確立のきっかけと言われています。

セラピストや精神科医、カウンセラーなど心を扱う資格が求められる世の中になり、これらの資格に携わる人たちも増え続けています。しかし、これらの資格があったとしてもまだ不十分で、人の心に寄り添い暖かな対話を通して心を軽くするお手伝いをする人が必要とされてきたことで、精神対話士の資格が誕生したのです。

心の癒し

資格取得について

メンタルケア協会が主催している精神対話士の資格に興味を持つ方は年々増加傾向にあります。それだけ心にストレスを抱えている方、精神的なサポートを必要とする方が増えているということかもしれませんが、ここでは同協会が主催する精神対話士の講座についてご紹介します。今後受験を考えている方はぜひ参考にしてください。

精神対話士となって活躍するためにはまず資格を取得しなくてはなりません。資格を取得せずに精神対話士として活動することはできませんし、仮に無資格で活動するとするならそれは自動車運転免許を取得せずに車を運転するようなものです。では、具体的にどのようにして精神対話士の資格を取得すればいいのかということですが、まずはメンタルケア・スペシャリスト養成講座の基礎課程と実践課程を修了する必要があります。また、その後精神対話士選考試験に合格し協会と業務委託契約を締結することによって精神対話士資格証を交付してもらうことができます。

メンタルケア・スペシャリスト養成講座の基礎課程における受講資格ですが、学歴や年齢、職歴などは不問となっています。基礎課程は全15回で、日本全国の会場で受講することが可能となっています。心理学や心のケアに関する基礎的な知識を身につけることができ、心理学に基づいた考え方もここで身につけることができるでしょう。実践課程を受けるにはまず基礎課程をクリアする必要があり、さらなるステップアップを希望する方が実践課程を受けることができます。精神対話士の資格取得についてご紹介しましたが、まずはメンタルケア・スペシャリスト養成講座の基礎課程を受けることからすべては始まります。人の心を支えるという素晴らしい職業ですから、興味のある方はぜひ受講してください。

098377

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です