営農企画の概要と商品の特徴

営農企画は、北海道でオーガニック商品や原材料を生産、加工している企業です。天然素材を使っているため、安心して食べることができる商品が魅力となっています。この会社が設立されたのは平成3年であり、それから農産物や農地などを手掛ける企業として成長していきました。近年はその影響力も大きくなっていて、北海道を代表とする企業の一つになっていきそうです。今後より一層耳にすることが多くなっていくかもしれません。

営農企画では、常に新鮮な商品を消費者に届けることを、胸に活動を行っています。有機栽培の農産物を扱っていることもあり、JAS認定食品としても認められています。そういった努力を重ねることによって、より人々が安心して食品を楽しめるようにしているのも、この企業の特徴だと言えます。

企業として成長するのはもちろん、そこで働く従業員やスタッフがそれぞれ成長することによって、より良い商品を届けることにも繋がっていくと考えているのが、特徴でもあります。日本は質の高い農作物などを手に入れられる環境が限られています。だからこそ、営農企画は今後も様々な取り組みを進め、より地域社会に貢献していくことができる企業として成長していくことでしょう。

美味しい野菜

営農企画が提供する商品やサービス

営農企画は様々な商品を展開しています。特に近年人気のものと言えば、JAS認定食品の商品です。もともと営農企画は北海道をエリアとして活動している企業であり、オーガニック食品を扱っているのが特徴となっています。独自の商品を開発していて、その活動領域は幅広くなっています。実際に多くの方が支持するようになっていて、健康志向の方が増加している近年は、さらに人気を獲得していきそうな商品ばかりです。

実際に営農企画が扱っている食品としては、本当に様々な物があります。まず人気のものと言えば、オーガニックパンです。天然の素材にこだわったオーガニックなパンとなっていて、食べた時に芳醇な香りが広がる一品となっています。その他、トマトジュースなども扱っていて、新鮮で旨味が深いトマトジュースも楽しむことができます。その他、植物性アイスクリームやたいやきなどのスイーツも扱っていて、大人から子供まで楽しむことができるようになっています。もちろん素材はオーガニックなので、健康を意識している方にとっても魅力的な商品が多いです。最近だとトマトジャムやつぶあん、ゆで小豆やゆで黒大豆、ゆで大豆、有機小麦粉、大豆粉などを販売しています。

オーガニックパン

安心と美味しさ

常に地域の方が求めている商品を提供するために、質の高い食材を使って作られている商品は、どれも健康に良いですし、美味しいものばかりです。また、営農企画は独自の考え方を持っていて、それぞれ商品に対する熱意も熱いものとなっています。人々の健康な食生活を守るだけではなく、それぞれがしっかり食事を楽しめるようにしている点も特徴であると言えます。特に近年は有機栽培などにこだわりを持っていて、よりエコに対する考え方も変わってきているのが特徴となっています。

営農企画では、農薬や化学肥料に頼っていないという点も特徴で、誰が食べても安心して食べられる食材や食品の提供を行っています。どうしても農薬が使われている食材や化学肥料を使っている食品というのは、避けておきたいという方もいるかもしれません。そういう方も安心して食べることができる商品を提供することで、地域の健康にも貢献しているのが特徴だと言って良いかもしれません。今後、自然で天然な食材を扱い、健康志向の日本人に向けたサービスの提供を進めていくと言えます。北海道を拠点にしているため、太陽や水、土地や生物などの自然に感謝しつつ、その恵みを食品に込めて提供しているのが営農企画の評価できる点でもあります。

また、働く社員やスタッフの心も健やかにするため、福利厚生に関しても良く、働きやすい企業だと言って良いでしょう。社員が働きやすければ、その分作られる食材や食品もより良いものとなると考えているため、この企業では福利厚生もしっかりとしているのです。例えば、製品は良いのに社員の対応が良くない企業などは、長年愛されることはないでしょう。それと同様に、スタッフや従業員が活き活きと働ける職場作りから進めているのです。

今後、この企業の活動領域はさらに広がっていくと考えられます。近年オーガニックな食材や素材というのは、世界各国で人気になっているので、営農企画の商品が認められる日も近いと言えるのではないでしょうか。より一層需要が高くなって来れば、その分この会社の活躍の幅も広がると言えるでしょう。これからさらに多くの方の役に立つため、この企業の躍進はまだまだ続いて行きそうです。なお、社会貢献に関しても、北海道の食材を使っていると考えると、より良い地域貢献に繋がっているのではないかなと言えます。それも踏まえて、今後はどのような需要が伸びてくるのか期待しておきたいところです。

安心の野菜