県民に愛される愛知銀行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

愛知銀行について

愛知銀行は名古屋市中区に本店がある地方銀行です。愛知県に住んでいる人には馴染みがある銀行です。営業所や支店以外にもコンビニにも提携しているATMがあるので、若い世代の人にも馴染みがある銀行です。
名古屋地区は他銀行と合わせて激戦区と言われていますが、その名古屋地区の地方銀行の中でも健全な経営をしています。同銀行の歴史は古く、1910年に創業しました。その後1989年に現在の商号に変更して2002年に東証1部に上場しました。

ATMの看板

地域社会の反映に貢献

愛知銀行は創業以来堅実経営に徹して、業績の発展を通して地域社会の反映に貢献してきました。愛知銀行は各種預金、ローンを経営の柱にしています。
普通・定期預金、外貨預金・国債から、総合口座を介して公共料金やクレジットの支払いサービスも行っています。またローンは住宅ローン・フリーローン、カードローン、目的別ローンなどのサービスを提供していますし、インターネットの普及に伴ってオンラインサービスも充実しています。
提供しているサービスはメールオーダー、ローン審査申し込み、相談メールボックス、投信ファンドの取り扱いなどのオンラインサービスを提供しています。
その他にも外貨の両替、外国送金、デビットカードなどのサービスもあります。愛知銀行では専用のATMが各場所に設置していますし、提携コンビニのイーネット、セブン銀行、ローソンのATMでもお金の出し入れをすることができます。

取締役頭取の矢澤勝幸

取締役頭取の矢澤勝幸は昭和50年の4月に入行し、平成17年6月に業務監査部長、専務取締役を経締役頭取になりました。業績の発展を常に意識して地域社会に貢献することを理念としています。
今後も個人のお客様には安定した生活を提供し、法人のお客様には経営のお手伝いをするために積極的に融資をしています。
このように愛知銀行は社長の理念の下、地域金融機関としての社会的使命を果たすために社長を中心に社員一体で前に突き進んでいます。

昔と違い現在のニーズに応えるために、お客様がどのような金融サービスを求めているのかを瞬時に把握して、他銀行よりも高度な金融サービスを提供しています。
取締役頭取の矢澤勝幸は自分の理念を貫いて地域密着型の公共性が高い地域金融機関として、地元住民に愛されている銀行を目指しています。
若い世代から高齢者まで世代を超えて利用してもらうためにどのようなことに気をつけて取り組んでいけばよいかを常に考えている社長です。

札束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です