みつき福祉会の運営するみつき保育会について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みつき福祉会とは

みつき福祉会は昭和52年にみつき保育所を開園し、約40年という長い歴史のある社会福祉法人です。日々の小さな体験を通して子供たちの自主性や忍耐力が身に付くことを大切にしており、健やかに成長することを願っています。そのためのサービスとしてさまざまな施設の運営をしており、地域の保育を支えています。こちらの施設を卒園したという方はたくさん存在しており、地域にとってはなくてはならない存在として認知されているのです。

みつき福祉会はどうすれば子供達が健やかに成長してくれるのか、将来社会を背負って立つような素晴らしい人間になってくれるのかということをいつも考えています。そのため保育園を運営する際には優秀な保育士を集め、きちんとした保育環境を整えて、常に子供達のことを第一に優先して運営するようにしているのです。今では松江市内に8か所の保育園を運営しており、大きな福祉法人として成長しています。

みつき福祉会は理事長を中心として運営されており、すべての保育園や保育所は同じ理念によって運営されているのです。みんなが一致団結してチームワークを発揮しながら子供達のために仕事をしている環境が整っているのです。今でも積極的に新しい施設を誕生させようとしており、保育の質を常に高めるための努力も怠っていません。みつき福祉会はこれまでの努力によって地域住民から信頼されており、みつき福祉会の施設に子供を預けておけば安心できるという信頼関係を築くことに成功しているのです。これからも多くの子供達が元気に成長していけるための環境を整えていくでしょう。乳幼児保育を専門として扱っている組織であり、常により良い保育サービスの提供を心がけているのがみつき福祉会です。

幼児と先生

みつき福祉会の方針やあゆみについて

みつき福祉会はみつき保育園をはじめとして多くの保育園の運営をしているのですが、きちんとした保育方針に基づいてそれぞれの保育士は行動しています。そのため、みつき保育園に通っている多くの子供達は常に笑顔で明るいのです。

まず、保育園では実際に子供達が見たり、触れたり、聴いたり、感じたりするような体験を重視しています。小さい頃に五感を刺激するような体験をしていることによって、その子供は将来感情豊かな子供に成長できると考えているのです。考える力や感じる力を育てることが将来の子供達のためになると信じて、それを保育方針としているのです。

このような保育方針をもとに子供を育てることによって、子供達は自分でやりたいことやできるようになりたいことを自分自身で見つけられるようになるでしょう。たとえ困難なことが起きたとしてもそれを自分自身の力で乗り越えることができるようになるのです。いろいろな人と触れ合う機会を提供しているため、それを通してみんなと一緒にいることの楽しさを理解します。また、自分が考えていることや思いを他人に対して表現できるようになります。

複数の保育園が運営されているのですが、それぞれ保育方針を共有しており、感情表現豊かで人間的に素晴らしい魅力を持った人になるような教育を実施しているのです。これまでにみつき保育所が昭和52年に開園してから次々と新しい保育所や保育園が誕生してきました。その中でも一環した保育方針を打ち出しており、それを実現させるためにどうすれば良いのかを常に真剣に考えてきたのです。その結果として、多くの信頼を得ることに成功しています。これからも変わらない保育方針によって子供達を育てていくでしょう。

楽しい幼稚園

みつき福祉会のみつき保育園について

みつき福祉会の保育園の一日の生活の流れについて紹介しましょう。まず7時頃から登園となります。保護者が仕事に出かけないといけないために早い時間から子供を預けに来る人が多いのです。0歳から2歳児の場合はこの時に視診や検診、検温を受けることになります。3歳から5歳児については朝の挨拶をして、視診や身の回りの整理をします。

その後に自由遊びの時間があり、3歳児から5歳児についてはマラソンをすることもあるようです。基本的に午前中は子供が主体的となっていろいろな遊びをすることになります。お昼になると給食の時間となり、その後にははみがきをしてお昼寝の時間となります。16時30分から降園の時間となっていますが、自由遊びの時間があり、保護者が迎えに来るのを待つことができるのです。

延長保育が行われることもあります。遅い時間だと21時まで受け付けているのです。保護者の方が仕事の都合で帰りが遅くなることがあるのですが、それでもみつき保育園のスタッフはきちんと責任を持って子供を預かっているのです。

保育園にはいろいろなクラスがあります。3歳児はゆり組やばら組、すずらん組、4歳児になるときく組やこすもす組、あじさい組、5歳児になるとふじ組やあさがお組、ひまわり組があるのです。それぞれ子供の年齢に合わせて異なる時間を過ごすことになります。5歳になると週に2回マラソンをするようになって、子供達は走り回ったり、いろいろな運動をするようになるのです。保育園は子供達に楽しい時間を提供しています。

お絵かき幼稚園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です