ランドマークワールドワイドは選び抜かれた教授陣がいる

ランドマークワールドワイドは「非凡な人生をいきる」ことを目指して、各種研修プログラムを提供している会社です。
このような講習プログラムを提供する会社は数多くありますが、ランドマークワールドワイドの特徴となっているのが、多彩な背景を持った教授陣でしょう。日本だけでなくアメリカ、インド、オーストラリア、スイスなどから選びぬかれた教授陣が、受講者の可能性を広げるプログラムをリードしています。

教授の影

ランドマークワールドワイドのアドバンスドコース

これらの多様な教授陣は、特に「アドバンスドコース」に対応したシニア・プログラムディレクターたちで、専任プログラムを担当するまでには厳密な専門性の学習と実践を伴う高度なスキルを有しています。
また、ランドマークワールドワイドが拠点を置く世界各地の約760人が、受講生立ちともに可能性を開くための活動を日夜、展開しています。
ランドマークワールドワイドが誇る「アドバンスドコース」は、誰もが持っている真のパワーや可能性を明らかにし、より良い未来や素晴らしい自分を目指します。
一言でアドバンスコースの特徴を説明すると「未来に置く」事にあります。一般的には、過去の経験を積み重ねることで成長すると考えますが、このアドバンスコースでは成功の要因を「過去」ではなく、「未来」に置くのです。
具体的には、過去や今ある情報を受けながらも、それらの発想には縛られることなく未来を想像しデザインする手法を身に着けていく思考方法を開拓していきます。

ランドマークワールドワイドのアドバンスコースを受けるには

このアドバンスコースを受けるには、まずブレークスルーテクノロジーコースを受講しなければなりませんが、すでに銀座に拠点を置く老舗菓子メーカーやの現役会長や世界各地の大学教授が受講しており、その可能性を実感しています。

デンマークのロスキレ大学で、コンピューターサイエンスを教えている教授は、プログラムを受け、こう語っています。
ランドマークワイドのプログラムは、人生や現実、その言葉の役割を樹脂し、取り組みがいのある内容を提供していて、資料の提示にとどまることなく、毎日の人生観を一変させる大胆かつ刺激的な対話を通して効果を生み出すと、指摘しています。
また、イスラエルのテルアビブ大学の看護学部のポストベーシックプログラム・ディレクターは、学生たちに率先して参加を促したり、ひとりひとりの最高の部分を引き出すよう働きかけることができるようになり、以前よりも学生たちの才能を発掘できるようになったと感想を述べています。

ランドマークワールドワイドは、非凡な人生を生き、未来を前進させ創りだすことを目標に、一人ひとりへの対話を通じて、その可能性を引き出す各種プログラムを提供しています。

天を仰ぐ男性

業種別企業まとめ会
「数ある日本企業を業種別にまとめたい!」という想いから生み出された団体。魅力的な企業を探したいメンバーによって「本当に良い会社なのか?取り扱っているサービスはどうか?」を日々追求している。