内田雅章の人脈力による若者改革

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

内田雅章の目次

内田雅章の説く人脈力の必要性

人脈力

内田雅章という人物を紹介します。

人脈のプロとしてコンサルティング業務に携わっており、関連の書籍も発行しています。内田雅章は昭和45年に愛知県で生まれ,早稲田大学商学部を卒業後、大手都銀に勤務しています。学生及び銀行員時代に考えるようになったことは、他人のニーズに応えれば自分への助けとして必ず返って来るという人脈力の必要性でした。

その後、ベンチャー企業の社長にアポを取る必要のある業務をした時代に、内田雅章は相手がどんな話に興味があるのかを考え、面談時にその社長が喜びそうなネタを数個用意するだけで良好な人間関係が得られることを体得し、2年間で約180社のオーナー社長と親密になることができました。

この経験を生かし、内田雅章は株式会社就職課を立ち上げました。ベンチャー企業はやる気のある学生を求め、ベンチャー志向の学生も多くいますが大学の就職支援部門は双方の希望を叶えられずにいました。ベンチャー企業とベンチャー志望の学生、そして大学の就職課、これら3者を結び付ける役目を果たす会社でした。けれども、若い人は人脈の重要性を認識していないことに内田雅章は残念な思いでいました。

これらのことから内田雅章は人脈力をテーマに講演を開催しコンサルティングをスタートしました。内田雅章は人脈力とは人間関係の構築力であると力説します。人脈力を磨けばおのずと人間関係作りが上手になり、自分を応援してくれる人が増えるという内容です。しかし重要なことは人の助けを請う前に、まず自分が人を助けることです。

ビジネスの世界において人の助けを受けることは仕事の効率アップに繋がります。物事が早く進んで行けば、その人脈が自分の夢を引き寄せることになります。
世代を超えてみんなが人脈力を身に付けるよう内田雅章は訴えます。

内田雅章の思い描く日本と若者たち

若者

内田雅章は人脈力が夢の実現を引き寄せ、その人脈力は若いうちからものにしていくことに価値があると力説します。若い人が成功者である年長者の懐に飛び込んで素直に教えを乞えば年長者は惜しみなくその経験やノウハウを伝授してくれるでしょう。

人脈力すなわち人間関係の構築力は一生ものになります。会社員現役でもリタイヤ後でも、公私に渡って人生を豊かにしてくれます。そして人脈とは深い信頼関係を持った人間関係そのものであると内田雅章は述べています。内田雅章の政治的理念として、政治家とは株式会社日本国の経営者であるべきだと考えます。しかし現実は目標達成のために知恵と工夫を凝らしているのは政治家でなく起業家です。しかしその起業家もほんの一部の若者しか成功に至っていません。

それには日本の教育制度に原因があると内田雅章は考えています。その問題点は、詰込みによる記憶力重視、競争を避ける平等教育、ぬるま湯状態のゆとり教育です。社会で必要な能力を在学中に身に付けさせる、競争社会という現実を教え込む、若いうちの苦労は自分のためになるということを実践を持って教えることなどが必要です。

会社のことをあまりにも知らない学生と、その学生を採用時に判断しかねる企業との間には大きな溝が存在します。そしてそのことが両者共通の不幸に繋がります。若者と日本社会の将来を思うのであれば国が教育制度に本腰を入れるべきです。

内田雅章は教育制度を現状より実践的なものにすべきと述べています。社会人になった時に必要とされる能力や競争力を習得させておき、知恵と工夫そして実行力を持った若者が政治家を志し、経営感覚に優れた人たちが政治に参入していくことで日本が豊かになる夢を10年後に実現すると力説しています。

内田雅章の本を読む

読書

内田雅章は30冊以上の人脈力に関する書籍を発行していますが、ここではその代表的なものを紹介します。「1000人の社長人脈を築く自分の磨き方」は内田雅章の実体験を踏まえ、アポなしで社長の懐に飛び込んでいくための方法を紹介しています。内田雅章の原点とも言える内容です。

しかし簡単には懐には入れさせてくれない頑固な社長もたくさんいます。内田雅章が実際に500人の社長に実行した人脈力を紹介しているものが、「手強い相手の懐に入る技術」です。就活をしている学生へお勧めの一冊が、「今こそ就活生の親が読むべき本 大震災”就活”、親と子の突破術」です。ありきたりの採用テクニック本より、これを読めば内定獲得率が上がること確実です。

既に会社に勤めていて起業家を目指す若い人には「20代で社長になる7つのステップ~起業力入門~」を勧めます。内田雅章自身の体験エピソードをもとに書かれていて自分で会社を作る極意が伝授されます。「起業家から学ぶ5つのビジネススキル」は内田雅章が自分の経験をもとにビジネスマン向けの公開したもので、5つのスキルを身に付けるだけで成功を引き寄せることができます。

一部のスマートフォン/タブレット端末向け電子書籍が2冊あります。「5つの超仕事力」と題された本で、「壁を超える言葉」篇と「5つの大切なチカラ」篇があります。有名企業500社のトップとアポが取れる人脈力をもとに書かれています。「20代から始める人脈力養成講座」や「32歳からの人脈使いこなし術」といった世代別に応じた人脈力の本もあります。一方、「政治屋失格」は内田雅章の政治観を知るうえでは貴重な書物となっています。

公式サイト

内田雅章公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です